Takashi

古文

名を聞くより・徒然草

名を聞くより、やがて面影は推しはからるる心地するを、 名前を聞くやいなや、すぐに顔つきは推測される気持ちがするが、 ・聞く…カ行四段活用の動詞「聞く」の連体形 ○やがて…すぐに ・推しはから…...
古文

花は盛りに・徒然草

花は盛りに、月は隈なきをのみ見るものかは。 桜の花は盛りであるのだけを、月は曇りがないのだけを見るものだろうか。 ・盛りに…ナリ活用の形容動詞「盛りなり」の連用形 ・隈なき…ク活用の形容詞「隈な...
古文

九月二十日のころ・徒然草

九月二十日のころ、ある人に誘はれ奉りて、 九月二十日頃、ある人に誘われ申し上げて、 ・誘は…ハ行四段活用の動詞「誘ふ」の未然形 ・れ…受身の助動詞「る」の連用形 ・奉り…ラ行四段活用の動詞「奉...
古文

芥川・伊勢物語

昔、男ありけり。女のえ得まじかりけるを、 昔、男がいた。手に入れることができそうもなかった女を、 ・あり…ラ行変格活用の動詞「あり」の連用形 ・けり…過去の助動詞「けり」の終止形 ・え(~打消...
現代文

山月記 意味調べ・漢字・読み方

・語句の前に「○」のあるものは「詳しい説明」にリンクしています。 ・「○」をクリックすると「詳しい説明」のページにジャンプします。 ・第二段落 ・第三段落 ・第四段落 ・...
古文

姨捨・大和物語

信濃国に更級といふ所に、男住みけり。 信濃国にある更級という所に、男が住んでいた。 ・信濃の国…名詞 ・に…格助詞 ・更級…名詞 ・と…格助詞 ・いふ…ハ行四段活用の動詞「いふ」の連体形 ...
古文

すける物思ひ・伊勢

昔、若き男、けしうはあらぬ女を思ひけり。 昔、若い男が、容貌が悪いとはいえない女を愛した。 ・昔 … 名詞 ・若き … ク活用の形容詞「若し」の連体形 ...
古文

ゆく川の流れ

ゆく川の流れは絶えずして、しかも、もとの水にあらず。 流れてゆく川の流れは絶えることがなくて、しかも、もとの水ではない。 ・ゆく…カ行四段活用の動詞「ゆく」の連体形 ・川…名詞 ・の…格助詞 ...
古文

東下り・伊勢物語3

なほ行き行きて、武蔵の国と下総の国との中に、 さらにどんどん行って、武蔵の国と下総の国との間に、 ・なほ … 副詞 ・行き … カ行四段活用の動詞「行く」...
古文

東下り・伊勢物語2

行き行きて、駿河の国に至りぬ。 どんどん行って、駿河の国に着いた。 ・行き … カ行四段活用の動詞「行く」の連用形 ・行き … カ行四段活用の動詞「行く」...
古文

東下り・伊勢物語1

昔、男ありけり。 昔、男がいた。 ・昔 … 名詞 ・男 … 名詞 ・あり … ラ行変格活用の動詞「あり」の連用形 ・けり&ensp...
古文

通ひ路の関守・伊勢

昔、男ありけり。 昔、男がいた。 ・昔…名詞 ・男…名詞 ・あり…ラ行変格活用の動詞「あり」の連用形 ・けり…過去の助動詞「けり」の終止形 東の五条わたりに、いと忍びて行きけり。 東...