Takashi

古文

大垣・奥の細道

露通もこの港まで出で迎ひて、美濃国へと伴ふ。 露通もこの港まで出迎えに来て、美濃の国へと連れ立って行く。 ・露通(ろつう) … 名詞 ・も … 係助詞 ...
古文

立石寺・奥の細道

山形領に立石寺といふ山寺あり。 山形領に立石寺という山寺がある。 ・山形領 … 名詞 ・に … 格助詞 ・立石寺(りゆうしやくじ) …&ens...
古文

平泉・奥の細道

三代の栄耀一睡のうちにして、 藤原氏三代の栄華も一睡の間のものであって、 ・三代 … 名詞 ・の … 格助詞 ・栄耀(えよう) … ...
古文

白河の関・奥の細道

心もとなき日数重なるままに、 気持ちが落ち着かない日々が過ぎるうちに、 ・心もとなき … ク活用の形容詞「心もとなし」の連体形 ○心もとなき … 気持ちが...
古文

那須野・奥の細道

那須の黒羽といふ所に知る人あれば、 那須の黒羽という所に知人がいるので、 ・那須(なす) … 名詞 ・の … 格助詞 ・黒羽(くろばね) …&...
古文

旅立ち(漂泊の思ひ)・奥の細道

月日は百代の過客にして、行きかふ年もまた旅人なり。 月日は永遠の旅人であって、来ては去り去っては来る年もまた旅人である。 ・月日 … 名詞 ・は … 係助...
古文

木曽の最後・平家物語

木曽は長坂を経て、丹波路へおもむくとも聞こえけり。 木曽は長坂を通って、丹波国方面へ向かうとも言われていた。 ・木曽(きそ) … 名詞 ・は … 係助詞 ...
古文

木曽の最後・平家物語1

木曽左馬頭、その日の装束には、赤地の錦の直垂に、 木曽左馬頭は、その日の衣装としては、赤地の錦の直垂に、 ・木曽左馬頭(きそのさまのかみ) … 名詞 ・そ …&en...
古文

木曽の最後・平家物語2

今井四郎、木曽殿、主従二騎になつてのたまひけるは、 今井四郎と、木曽殿と、主従二騎になっておっしゃったことには、 ・今井四郎(いまいのしろう) … 名詞 ・木曽殿 ...
古文

木曽の最後・平家物語3

今井四郎ただ一騎、五十騎ばかりが中へ駆け入り、 今井四郎はただ一騎で、五十騎ほどの中に馬を走らせて入り、 ・今井四郎(いまいのしろう) …  ・ただ … ...
古文

三文にて歯二つ・沙石集

南都に、歯取る唐人ありき。 奈良に、歯を抜く唐人がいた。 ・南都(なんと) … 名詞 ○南都 … 奈良 ・に … 格助詞 ・歯&e...
古文

顕雅の言ひ間違ひ・十訓抄

楊梅の大納言顕雅卿は、若くよりいみじく言失をぞしたまひける。 楊梅大納言顕雅卿は、若いころからひどく言い間違いをなされた。 ・楊梅(やまもも) … 名詞 ・の …&...