絵仏師良秀 現代語訳

古文

これも今は昔、絵仏師良秀といふありけり。
これも今では昔のことだが、絵仏師良秀という者がいた。
 これ … 代名詞
 も … 係助詞
 今 … 名詞
 は … 係助詞
 昔 … 名詞
 絵仏師良秀(りょうしゅう) … 名詞
 と … 格助詞
 いふ … 四段活用動詞「いふ」連体形
 あり … ラ行変格活用動詞「あり」連用形
 けり … 助動詞「けり」過去

家の隣より火出できて、風おしおほひてせめければ、
家の隣から出火して、風がおおいかぶさるように吹いて(火が)迫ってきたので、
 家 … 名詞
 の … 格助詞
 隣 … 名詞
 より … 格助詞
 火 … 名詞
 出で来 … カ行変格活用動詞「出で来」連用形
 て … 接続助詞
 風 … 名詞
 おしおほひ … ハ四段活用動詞「おしおほふ」連用形
 て … 接続助詞
 せめ … 下二段活用動詞「せむ」連用形
 けれ … 助動詞「けり」過去
 ば … 接続助詞

逃げ出でて、大路へ出でにけり。
逃げ出して、大通りに出てしまった。
 逃げ出で … 下二段活用動詞「逃げ出づ」連用形
 て … 接続助詞
 大路(おおじ) … 名詞
 へ … 格助詞
 出で … 下二段活用動詞「出づ」連用形
 に … 助動詞「ぬ」
 けり … 助動詞「けり」

人の書かする仏もおはしけり。
人が描かせている仏もいらっしゃった。
 人 … 名詞
 の … 格助詞
 書か … 四段活用動詞「書く」未然形
 する … 助動詞「す」使役
 仏 … 名詞
 も … 係助詞
 おはし … サ行変格活用動詞「おはす」連用形
 けり … 助動詞「けり」過去

また、衣着ぬ妻子なども、さながら内にありけり。
また、着物を着ていない妻や子なども、そのまま家の中にいた。
 また … 接続詞
 衣(きぬ) … 名詞
 着 … 上一段活用動詞「着る」未然形
 ぬ … 助動詞「ず」打消
 妻子(めこ) … 名詞
 など … 副助詞
 も … 係助詞
 さながら … 副詞
 内 … 名詞
 に … 格助詞
 あり … ラ行変格活用動詞「あり」連用形
 けり … 助動詞「けり」過去

それも知らず、ただ逃げ出でたるをことにして、向かひのつらに立てり。
それも気にかけず、ただ逃げ出したのを幸いなこととして、向こう側に立っていた。
 それ … 代名詞
 も … 係助詞
 知ら … 四段活用動詞「知る」未然形
 ず … 助動詞「ず」打消
 ただ … 副詞
 逃げ出で … 下二段活用動詞「逃げ出づ」連用形
 たる … 助動詞「たり」完了
 を … 格助詞
 こと … 名詞
 に … 格助詞
 し … サ行変格活用動詞「す」連用形
 て … 接続助詞
 向かひ … 名詞
 の … 格助詞
 つら … 名詞
 に … 格助詞
 立て … 四段活用動詞「立つ」命令形
 り … 助動詞「り」存続

見れば、すでに我が家に移りて、煙、炎くゆりけるまで、おほかた向かひのつらに
見ると、すでに自分の家に燃え移って、煙や炎が立ち上った時まで、ほとんど向かい側に
 見れ … 上一段活用動詞「見る」已然形
 ば … 接続助詞
 すでに … 副詞
 わ … 代名詞
 が … 格助詞
 家 … 名詞
 に … 格助詞
 移り … 四段活用動詞「移る」連用形
 て … 接続助詞
 煙(けぶり) … 名詞
 炎 … 名詞
 くゆり … 四段活用動詞「くゆる」連用形
 ける … 助動詞「けり」過去
 まで … 副助詞
 おほかた … 副詞
 向かひ … 名詞
 の … 格助詞
 つら … 名詞
 に … 格助詞

立ちて眺めければ、「あさましきこと。」とて、人ども来とぶらひけれど、騒がず。
立って眺めていたので、「たいへんなことですね。」と言って、人々が来て見舞ったけれども、動じない。
 立ち … 四段活用動詞「立つ」連用形
 て … 接続助詞
 眺め … 下二段活用動詞「眺む」連用形
 けれ … 助動詞「けり」過去
 ば … 接続助詞
 あさましき … シク活用形容詞「あさまし」連体形
 こと … 名詞
 とて … 格助詞
 人ども … 名詞
 来 … カ行変格活用動詞「来」の連用形
 とぶらひ … 四段活用動詞「とぶらふ」連用形
 けれ … 助動詞「けり」過去
 ど … 接続助詞
 騒が … 四段活用動詞「騒ぐ」未然形
 ず … 助動詞「ず」打消

「いかに。」と人言ひければ、向かひに立ちて、
「どうしたのですか。」と人が言ったところ、向かい側に立って、
 いかに … 副詞
 と … 格助詞
 人 … 名詞
 言ひ … 四段活用動詞「言ふ」連用形
 けれ … 助動詞「けり」過去
 ば … 接続助詞
 向かひ … 名詞
 に … 格助詞
 立ち … 四段活用動詞「立つ」連用形
 て … 接続助詞

家の焼くるを見て、うちうなづきて、時々笑ひけり。
家が焼けるのを見て、うなずいて、ときどき笑っていた。
 家 … 名詞
 の … 格助詞
 焼くる … 下二段活用動詞「焼く」連体形
 を … 格助詞
 見 … 上一段活用動詞「見る」連用形
 て … 接続助詞
 うちうなづき … 四段活用動詞「うちうなづく」連用形
 て … 接続助詞
 時々 … 副詞
 笑ひ … 四段活用動詞「笑ふ」連用形
 けり … 助動詞「けり」過去

「あはれ、しつるせうとくかな。年ごろはわろく書きけるものかな。」と言ふ時に、
「ああ、たいへんなもうけものをしたことよ。長年の間下手に描いてきたものだなあ。」と言う時に、
 あはれ … 感動詞
 し … サ行変格活用動詞「す」連用形
 つる … 助動詞「つ」完了
 せうとく … 名詞
 かな … 終助詞
 年ごろ … 名詞
 は … 係助詞
 わろく … ク活用形容詞「わろし」連用形
 書き … 四段活用動詞「書く」連用形
 ける … 助動詞「けり」過去
 もの … 名詞
 かな … 終助詞
 と … 格助詞
 言ふ … 四段活用動詞「言ふ」連体形
 時 … 名詞
 に … 格助詞

とぶらひに来たる者ども、「こはいかに、かくては立ち給へるぞ。
見舞いに来た人たちが、「これはどうして、このようにお立ちになっているのか。
 とぶらひ … 名詞
 に … 格助詞
 来 … カ行変格活用動詞「来」連用形
 たる … 助動詞「たり」完了
 者ども … 名詞
 こ … 代名詞
 は … 係助詞
 いかに … 副詞
 かくて … 副詞
 は … 係助詞
 立ち … 四段活用動詞「立つ」連用形
 たまへ … 尊敬の四段活用の補助動詞「たまふ」命令形
 る … 助動詞「り」存続
 ぞ … 終助詞

あさましきことかな。物のつき給へるか。」と言ひければ、
あきれたことだなあ。霊が取りついていらっしゃるのか。」と言ったところ、
 あさましき … シク活用の形容詞「あさまし」連体形
 こと … 名詞
 かな … 終助詞
 もの … 名詞
 の … 格助詞
 つき … 四段活用動詞「つく」連用形
 たまへ … 尊敬の四段活用の補助動詞「たまふ」命令形
 る … 助動詞「り」存続
 か … 係助詞
 と … 格助詞
 言ひ … 四段活用動詞「言ふ」連用形
 けれ … 助動詞「けり」過去
 ば … 接続助詞

「なんでふ物のつくべきぞ。年ごろ不動尊の火炎を悪しく書きけるなり。
「どうして霊が取りつくはずがあろうか。長年の間不動尊の火炎を下手に描いてきたのだ。
 なんでふ … 副詞
 もの … 名詞
 の … 格助詞
 つく … 四段活用動詞「つく」終止形
 べき … 助動詞「べし」当然
 ぞ … 終助詞
 年ごろ … 名詞
 不動尊 … 名詞
 の … 格助詞
 火炎 … 名詞
 を … 格助詞
 あしく … シク活用形容詞「あし」連用形
 書き … 四段活用動詞「書く」連用形
 ける … 助動詞「けり」過去
 なり … 助動詞「なり」断定

今見れば、かうこそ燃えけれと、心得つるなり。これこそせうとくよ。
今見たところ、このように燃えるのだなあと、納得したのだ。これこそもうけものだよ。
 今 … 名詞
 見れ … 上一段活用動詞「見る」已然形
 ば … 接続助詞
 かう … 副詞
 こそ … 係助詞
 燃え … 下二段活用動詞「燃ゆ」連用形
 けれ … 助動詞「けり」詠嘆
 と … 格助詞
 心得 … 下二段活用動詞「心得」連用形
 つる … 助動詞「つ」完了
 なり … 助動詞「なり」断定
 これ … 代名詞
 こそ … 係助詞
 せうとく … 名詞
 よ … 間投助詞

この道を立てて世にあらむには、仏だによく書き奉らば、百千の家も出で来なむ。
仏様を描くことを職業にして生きていくのなら、仏様さえ上手に描き申し上げたならば、百軒や千軒の家もきっと建つだろう。
 こ … 代名詞
 の … 格助詞
 道 … 名詞
 を … 格助詞
 立て … 下二段活用動詞「立つ」連用形
 て … 接続助詞
 世 … 名詞
 に … 格助詞
 あら … ラ行変格活用動詞「あり」未然形
 む … の助動詞「む」婉曲
 に … 格助詞
 は … 係助詞
 仏 … 名詞
 だに … 副助詞
 よく … 副詞
 書き … 四段活用動詞「書く」連用形
 たてまつら … 謙譲の四段活用補助動詞「たてまつる」未然形
 ば … 接続助詞
 百千 … 名詞
 の … 格助詞
 家 … 名詞
 も … 係助詞
 出で来 … カ行変格活用動詞「出で来」の連用形
 な … 助動詞「ぬ」強意
 む … 助動詞「む」推量

わたうたちこそ、させる能もおはせねば、
おまえさんたちこそ、それほどの才能もおありでないので、
 わたうたち … 代名詞
 こそ … 係助詞
 させる … 連体詞
 能 … 名詞
 も … 係助詞
 おはせ … サ行変格活用動詞「おはす」未然形
 ね … 助動詞「ず」打消
 ば … 接続助詞

物をも惜しみ給へ。」と言ひて、あざ笑ひてこそ立てりけれ。
物も惜しみなさるのだ。」と言って、あざ笑って立っていた。
 もの … 名詞
 を … 格助詞
 も … 係助詞
 惜しみ … 四段活用動詞「惜しむ」連用形
 たまへ … 尊敬の四段活用補助動詞「たまふ」已然形
 と … 格助詞
 言ひ … 四段活用動詞「言ふ」連用形
 て … 接続助詞
 あざ笑ひ … 四段活用動詞「あざ笑ふ」連用形
 て … 接続助詞
 こそ … 係助詞
 立て … 四段活用動詞「立つ」命令形
 り … 助動詞「り」存続
 けれ … 助動詞「けり」過去

そののちにや、良秀がよぢり不動とて、今に人々愛で合へり。
その後であろうか、良秀のよじり不動といって、今でも人々が賞賛し合っている。
 そ … 代名詞
 の … 格助詞
 のち … 名詞
 に … 助動詞「なり」断定
 や … 係助詞
 良秀 … 名詞
 が … 格助詞
 よぢり不動 … 名詞
 とて … 格助詞
 今に … 副詞
 人々 … 名詞
 愛で合へ … 四段活用動詞「愛で合ふ」命令形
 り … 助動詞「り」存続

Takashiをフォローする
プロ家庭教師タカシ むかしの文学