検非違使忠明 現代語訳

古文

今は昔、忠明といふ検非違使ありけり。
今ではもう昔のことだが、忠明という検非違使がいた。
 今 … 名詞
 は … 係助詞
 昔 … 名詞
 忠明 … 名詞
 と … 格助詞
 いふ … 四段活用の動詞「いふ」連体形
 検非違使 … 名詞
 あり … ラ行変格活用動詞「あり」連用形
 けり … 過去の助動詞「けり」終止形

若男にてありける時、清水の橋殿にして、京童部といさかひをしけり。
若い男であった時、清水寺の舞台で、京の若者たちとけんかをした。
 若男 … 名詞
 に … 断定の助動詞「なり」連用形
 て … 接続助詞
 あり … ラ行変格活用の動詞「あり」連用形
 ける … 過去の助動詞「けり」連体形
 時 … 名詞
 清水 … 名詞
 の … 格助詞
 橋殿 … 名詞
 に … 格助詞
 して … 格助詞
 京童部 … 名詞
 と … 格助詞
 いさかひ … 名詞
 を … 格助詞
 し … サ行変格活用の動詞「す」連用形
 けり … 過去の助動詞「けり」終止形

京童部、刀を抜きて忠明を立てこめて殺さむとしければ、忠明も刀を抜きて、
京の若者たちは、刀を抜いて忠明を取り囲んで殺そうとしたので、忠明も刀を抜いて、
 京童部 … 名詞
 刀 … 名詞
 を … 格助詞
 抜き … 四段活用の動詞「抜く」連用形
 て … 接続助詞
 忠明 … 名詞
 を … 格助詞
 立ちこめ … 下二段活用の動詞「立ちこむ」連用形
 て … 接続助詞
 殺さ … 四段活用動詞「殺す」未然形
 む … 意志の助動詞「む」連体形
 と … 格助詞
 し … サ行変格活用の動詞「す」連用形
 けれ … 過去の助動詞「けり」已然形
 ば … 接続助詞
 忠明 … 名詞
 も … 係助詞
 刀 … 名詞
 を … 格助詞
 抜き … 四段活用の動詞「抜く」連用形
 て … 接続助詞

御堂の方ざまに逃ぐるに、御堂の東の端に、京童部あまた立ちて向かひければ、
本堂の方向に逃げると、本堂の東の端に、京の若者たちが大勢立って向かってきたので、
 御堂 … 名詞
 の … 格助詞
 方ざま … 名詞
 に … 格助詞
 逃ぐる … 下二段活用の動詞「逃ぐ」連体形
 に … 接続助詞
 御堂 … 名詞
 の … 格助詞
 東 … 名詞
 の … 格助詞
 端 … 名詞
 に … 格助詞
 京童部 … 名詞
 あまた … 副詞
 立ち … 四段活用の動詞「立つ」連用形
 て … 接続助詞
 向かひ … 四段活用の動詞「向かふ」連用形
 けれ … 過去の助動詞「けり」已然形
 ば … 接続助詞

その傍にえ逃げずして、蔀のもとのありけるを取りて、脇に挟みて、
その近くに逃げることができないで、蔀の下部の戸があったのを取って、脇に挟んで、
 そ … 代名詞
 の … 格助詞
 傍 … 名詞
 に … 格助詞
 え … 副詞
 逃げ … 下二段活用の動詞「逃ぐ」未然形
 ず … 打消の助動詞「ず」連用形
 して … 接続助詞
 蔀 … 名詞
 の … 格助詞
 もと … 名詞
 の … 格助詞
 あり … ラ行変格活用の動詞「あり」連用形
 ける … 過去の助動詞「けり」連体形
 を … 格助詞
 取り … 四段活用の動詞「取る」連用形
 て … 接続助詞
 脇 … 名詞
 に … 格助詞
 挟み … 四段活用の動詞「挟む」連用形
 て … 接続助詞

前の谷に踊り落つるに、蔀のもとに風しぶかれて、谷底に鳥のゐるやうに、
前の谷に飛び降りたところ、蔀の下部の戸に風がさえぎられて、谷底に鳥がとまるように、
 前 … 名詞
 の … 格助詞
 谷 … 名詞
 に … 格助詞
 躍り落つる … 上二段活用の動詞「躍り落つ」連体形
 に … 接続助詞
 蔀 … 名詞
 の … 格助詞
 もと … 名詞
 に … 格助詞
 風 … 名詞
 しぶか … 四段活用の動詞「しぶく」未然形
 れ … 受身の助動詞「る」連用形
 て … 接続助詞
 谷底 … 名詞
 に … 格助詞
 鳥 … 名詞
 の … 格助詞
 ゐる … 上一段活用の動詞「ゐる」連体形
 やうに … 比況の助動詞「やうなり」連用形

やうやく落ち入りにければ、そこより逃げていにけり。
ゆっくりと落ち込んだので、そこから逃げて立ち去った。
 やうやく … 副詞
 落ち入り … 四段活用の動詞「落ち入る」連用形
 に … 助動詞「ぬ」完了
 けれ … 過去の助動詞「けり」已然形
 ば … 接続助詞
 そこ … 代名詞
 より … 格助詞
 逃げ … 下二段活用の動詞「逃ぐ」連用形
 て … 接続助詞
 いに … ナ行変格活用の動詞「いぬ」連用形
 けり … 過去の助動詞「けり」終止形

京童部、谷を見下ろして、あさましがりてなむ立ち並なみて見ける。
京の若者たちは、谷を見下ろして、がっかりして並んで見ていた。
 京童部 … 名詞
 谷 … 名詞
 を … 格助詞
 見下ろし … 四段活用の動詞「見下ろす」連用形
 て … 接続助詞
 あさましがり … 四段活用の動詞「あさましがる」連用形
 て … 接続助詞
 なむ … 係助詞(結び:見ける)
 立ち並み … 四段活用の動詞「立ち並む」連用形
 て … 接続助詞
 見 … 上一段活用の動詞「見る」連用形
 ける … 過去の助動詞「けり」連体形

忠明、京童部の刀を抜きて立ち向かひける時、御堂の方に向きて、
忠明は、京の若者たちが刀を抜いて向かってきた時、本堂の方に向いて、
 忠明 … 名詞
 京童部 … 名詞
 の … 格助詞
 刀 … 名詞
 を … 格助詞
 抜き … 四段活用の動詞「抜く」連用形
 て … 接続助詞
 立ち向かひ … 四段活用の動詞「立ち向かふ」連用形
 ける … 過去の助動詞「けり」連体形
 時 … 名詞
 御堂 … 名詞
 の … 格助詞
 方 … 名詞
 に … 格助詞
 向き … 四段活用の動詞「向く」連用形
 て … 接続助詞

「観音、助け給へ。」と申しければ、ひとへにこれそのゆゑなりとなむ思ひける。
「観音様、お助けください。」と申し上げたので、もっぱらこれはそのおかげだと思った。
 観音 … 名詞
 助け … 下二段活用の動詞「助く」連用形
 給へ … 四段活用の尊敬の補助動詞「給ふ」命令形
 と … 格助詞
 申し … 四段活用の動詞「申す」連用形
 けれ … 過去の助動詞「けり」已然形
 ば … 接続助詞
 ひとへに … 副詞
 これ … 代名詞
 そ … 代名詞
 の … 格助詞
 ゆゑ … 名詞
 なり … 断定の助動詞「なり」終止形
 と … 格助詞
 なむ … 係助詞(結び:思ひける)
 思ひ … 四段活用の動詞「思ふ」連用形
 ける … 過去の助動詞「けり」連体形

忠明が語りけるを聞き継ぎて、かく語り伝へたるとや。
忠明が語ったのを聞き継いで、このように語り伝えているということだ。
 忠明 … 名詞
 が … 格助詞
 語り … 四段活用の動詞「語る」連用形
 ける … 過去の助動詞「けり」連体形
 を … 格助詞
 聞き継ぎ … 四段活用の動詞「聞き継ぐ」連用形
 て … 接続助詞
 かく … 副詞
 語り伝へ … 下二段活用の動詞「語り伝ふ」連用形
 たる … 存続の助動詞「たり」連体形
 と … 格助詞
 や … 係助詞

Takashiをフォローする
プロ家庭教師タカシ むかしの文学