ちごのそらね 現代語訳

古文

今は昔、比叡の山に児ありけり。
今となっては昔のことだが、比叡山の延暦寺に児がいた。
 今 … 名詞
 は … 係助詞
 昔 … 名詞
 比叡(ひえ)の山 … 名詞
 に … 格助詞
 児 … 名詞
 あり … ラ行変格活用の動詞「あり」連用形
 けり … 過去の助動詞「けり」終止形

僧たち、宵のつれづれに、「いざ、かいもちひせむ。」と言ひけるを、
僧たちが、宵のたいくつさに、「さあ、ぼた餅を作ろう。」と言ったのを、
 僧たち … 名詞
 宵(よい) … 名詞
 の … 格助詞
 つれづれ … 名詞
 つれづれ … することがなくて退屈なこと
 に … 格助詞
 いざ … 感動詞
 かいもちひ … 名詞
 せ … サ行変格活用の動詞「す」未然形
 む … 意志の助動詞「む」終止形
 と … 格助詞
 言ひ … 四段活用の動詞「言ふ」連用形
 ける … 過去の助動詞「けり」連体形
 を … 格助詞

この児、心よせに聞きけり。
この児は、期待して聞いた。
 こ … 代名詞
 の … 格助詞
 児 … 名詞
 心よせ … 名詞
 に … 格助詞
 聞き … 四段活用の動詞「聞く」連用形
 けり … 過去の助動詞「けり」終止形

さりとて、し出ださむを待ちて寝ざらむも、わろかりなむと思ひて、
そうかといって、作りあげるのを待って寝ないのも、きっとよくないだろうと思って、
 さりとて … 接続詞
 し出ださ … 四段活用の動詞「し出だす」未然形
 む … 婉曲の助動詞「む」連体形
 を … 格助詞
 待ち … 四段活用の動詞「待つ」連用形
 て … 接続助詞
 寝 … 下二段活用の動詞「寝」未然形
 ざら … 打消の助動詞「ず」未然形
 む … 婉曲の助動詞「む」連体形
 も … 副助詞
 わろかり … ク活用の形容詞「わろし」連用形
 わろし … 普通よりも悪い
 な … 強意の助動詞「ぬ」未然形
 む … 推量の助動詞「む」連体形
 と … 格助詞
 思ひ … 四段活用の動詞「思ふ」連用形
 て … 接続助詞

片方に寄りて寝たるよしにて、出で来るを待ちけるに、
片隅に寄って寝たふりで、できあがるのを待っていたが、
 片方(かたかた) … 名詞
 に … 格助詞
 寄り … 四段活用の動詞「寄る」連用形
 て … 接続助詞
 寝 … 下二段活用の動詞「寝」連用形
 たる … 存続の助動詞「たり」連体形
 よし … 名詞
 に … 断定の助動詞「なり」連用形
 て … 接続助詞
 出で来る … カ行変格活用の動詞「出で来」連体形
 を … 格助詞
 待ち … 四段活用の動詞「待つ」連用形
 ける … 過去の助動詞「けり」連体形
 に … 接続助詞

すでにし出だしたるさまにて、ひしめき合ひたり。
もう作りあげた様子で、騒ぎ合っている。
 すでに … 副詞
 し出だし … 四段活用の動詞「し出だす」連用形
 たる … 完了の助動詞「たり」連体形
 さま … 名詞
 に … 断定の助動詞「なり」連用形
 て … 接続助詞
 ひしめき合ひ … 四段活用の動詞「ひしめき合ふ」連用形
 たり … 存続の助動詞「たり」終止形

この児、さだめておどろかさむずらむと待ちゐたるに、
この児は、きっと起こそうとするだろうと待っていたところ、
 こ … 代名詞
 の … 格助詞
 児 … 名詞
 さだめて … 副詞
 おどろかさ … 四段活用の動詞「おどろかす」未然形
 おどろかす … 目をさまさせる
 むず … 意志の助動詞「むず」終止形
 らむ … 現在推量の助動詞「らむ」終止形
 と … 格助詞
 待ちゐ … 上一段活用の動詞「待ちゐる」連用形
 たる … 存続の助動詞「たり」連体形
 に … 接続助詞

僧の、「もの申しさぶらはむ。おどろかせ給へ。」と言ふを、うれしとは思へども、
僧が、「もしもし。目をお覚ましなさい。」と言うのを、うれしいとは思ったが、
 僧 … 名詞
 の … 格助詞
 もの申し … 四段活用の動詞「もの申す」連用形
 さぶらは … 四段活用の丁寧の補助動詞「さぶらふ」未然形
 む … 意志の助動詞「む」終止形
 おどろか … 四段活用の動詞「おどろく」未然形
 おどろく … 目をさます
 せ … 尊敬の助動詞「す」連用形
 たまへ … 四段活用の尊敬の補助動詞「たまふ」命令形
 と … 格助詞
 言ふ … 四段活用の動詞「言ふ」連体形
 を … 格助詞
 うれし … シク活用の形容詞「うれし」終止形
 と … 格助詞
 は … 係助詞
 思へ … 四段活用の動詞「思ふ」已然形
 ども … 接続助詞

ただ一度にいらへむも、待ちけるかともぞ思ふとて、
ただ一度で返事をするのも、待っていたかと思うといけないと考えて、
 ただ … 副詞
 一度 … 名詞
 に … 格助詞
 いらへ … 下二段活用の動詞「いらふ」未然形
 いらふ … 答える
 む … 婉曲の助動詞「む」連体形
 も … 係助詞
 待ち … 四段活用の動詞「待つ」連用形
 ける … 過去の助動詞「けり」連体形
 か … 係助詞
 と … 格助詞
 もぞ~ … ~するといけない
 も … 係助詞
 ぞ … 係助詞
 思ふ … 四段活用の動詞「思ふ」連体形

いま一声呼ばれていらへむと、念じて寝たるほどに、
もう一度呼ばれてから返事をしようと、我慢して寝ていたところ、
 いま … 副詞
 一声 … 名詞
 呼ば … 四段活用の動詞「呼ぶ」未然形
 れ … 受身の助動詞「る」連用形
 て … 接続助詞
 いらへ … 下二段活用の動詞「いらふ」未然形
 む … 意志の助動詞「む」終止形
 と … 格助詞
 念じ … サ行変格活用の動詞「念ず」連用形
 念ず … 我慢する
 て … 接続助詞
 寝 … 下二段活用の動詞「寝」連用形
 たる … 存続の助動詞「たり」連体形
 ほどに … 接続助詞

「や、な起こしたてまつりそ。をさなき人は寝入り給ひにけり。」と言ふ声のしければ、
「おい、お起こし申し上げるな。幼い人は寝入ってしまわれたのだ。」と言う声がしたので、
 や … 感動詞
 な~そ … ~してはいけない
 な … 副詞
 起こし … 四段活用の動詞「起こす」連用形
 たてまつり … 四段活用の謙譲の補助動詞「たてまつる」連用形
 そ … 終助詞
 をさなき … ク活用の形容詞「をさなし」連体形
 人 … 名詞
 は … 係助詞

 寝入り … 四段活用の動詞「寝入る」連用形
 たまひ … 四段活用の尊敬の補助動詞「たまふ」連用形
 に … 完了の助動詞「ぬ」連用形
 けり … 過去の助動詞「けり」終止形
 と … 格助詞
 言ふ … 四段活用の動詞「言ふ」連体形
 声 … 名詞
 の … 格助詞
 し … サ行変格活用の動詞「す」連用形
 けれ … 過去の助動詞「けり」已然形
 ば … 接続助詞

あなわびしと思ひて、いま一度起こせかしと思ひ寝に聞けば、
ああ困ったと思って、もう一度起こしてくれと思いながら寝て聞いていると、
 あな … 感動詞
 わびし … シク活用の形容詞「わびし」終止形
 わびし … 困ったことである
 と … 格助詞
 思ひ … 四段活用の動詞「思ふ」連用形
 て … 接続助詞
 いま … 副詞
 一度 … 名詞
 起こせ … 四段活用の動詞「起こす」命令形
 かし … 終助詞
 と … 格助詞
 思ひ寝 … 名詞
 に … 格助詞
 聞け … 四段活用の動詞「聞く」已然形
 ば … 接続助詞

ひしひしとただ食ひに食ふ音のしければ、ずちなくて、
むしゃむしゃとひたすら食べに食べる音がしたので、どうしようもなくて、
 ひしひしと … 副詞
 ただ … 副詞
 食ひ … 四段活用の動詞「食ふ」連用形
 に … 格助詞
 食ふ … 四段活用の動詞「食ふ」連体形
 音 … 名詞
 の … 格助詞
 し … サ行変格活用の動詞「す」連用形
 けれ … 過去の助動詞「けり」已然形
 ば … 接続助詞
 ずちなく … ク活用の形容詞「ずちなし」連用形
 て … 接続助詞

無期ののちに、「えい。」といらへたりければ、僧たち笑ふこと限りなし。
ずっと後になってから、「はい。」と返事をしたので、僧たちの笑うこと、果てしなかった。
 無期(むご) … 名詞
 の … 格助詞
 のち … 名詞
 に … 格助詞
 えい … 感動詞
 と … 格助詞
 いらへ … 下二段活用の動詞「いらふ」連用形
 たり … 完了の助動詞「たり」連用形
 けれ … 過去の助動詞「けり」已然形
 ば … 接続助詞
 僧たち … 名詞
 笑ふ … 四段活用の動詞「笑ふ」連体形
 こと … 名詞
 限りなし … ク活用の形容詞「限りなし」終止形

Takashiをフォローする
プロ家庭教師タカシ むかしの文学