羅生門 意味調べ・漢字・読み方

・ 第二段落

・ 第三段落

   
   [ 第一段落 ]

・ 下人(げにん) … 身分の低い者

・ 雨(あま)やみ … 雨がやむこと

・ 丹塗(にぬ)り … 赤色や朱色の塗装

・ 雨やみ … 雨がやむのを待つこと

・ 市女笠(いちめがさ) … 菅で編んだ漆塗りの中高の笠

  ⇒ 市女笠をかぶった女

・ 揉烏帽子(もみえぼし) … 柔らかくもんだ烏帽子

  ⇒ 揉烏帽子をかぶった男

・ 辻風(つじかぜ) … 渦巻状に激しく吹きつける風

・ 飢饉(ききん) … 食糧が欠乏して飢え苦しむこと

・ 洛中(らくちゅう) … 京都の市中

・ さびれる … 人が集まらなくなる

・ ひととおりではない … 普通ではない

・ 旧記(きゅうき) … 古い記録

・ 仏具 … 仏事に使用する道具

・ 箔(はく) … 金属を紙のように薄く平たく延ばした物

・ 薪(たきぎ)の料(しろ) … 薪の材料

・ その始末(しまつ) … そういう悪い状態

・ もとより … 言うまでもなく

・ 顧(かえり)みる … 気にかけて心を配る

・ 狐狸(こり) … きつねやたぬき

・ 日の目が見えなくなる … 日が沈んで暗くなる

・ 足踏(あしぶ)みをしない … 足を踏み入れない

・ 殊(こと)に … 特に

・ 鴟尾(しび) … 大建築の大棟の両端につける魚の尾形の飾り

・ ごまをまいたように … 黒く点々と散らばっている様子

・ ついばむ … くちばしでつついて食べる

・ 刻限(こくげん) … 時間

・ 洗(あら)いざらした … 何度も洗って色あせた

・ 襖(あお) … 両方の脇のあいた裏つきの着物

・ 暇(ひま)を出す … 仕事を辞めさせる

・ 衰微(すいび)する … 盛んであったものが衰える

・ 余波(よは) … ある事柄が周囲に及ぼす影響

・ 途方(とほう)に暮(く)れる … どうしてよいかわからなくて困る

・ 平安朝 … 平安時代

・ サンチマンタリスム … 感傷的な気分

・ 気色(けしき) … 気配

・ 何をおいても … まず第一に

・ 差(さ)し当(あ)たり … 今のところ

・ とりとめもない … まとまりがつかない

・ 聞くともなく聞く … なんとなく聞く

・ 甍(いらか) … 屋根の棟を覆う瓦

・ いとま … 時間的な余裕

・ 築土(ついじ) … 土をつき固めて造った屋根のついた塀

・ 低徊(ていかい)する … 行ったり来たりする

・ 局所(きょくしょ) … 限られた部分

・ 逢着(ほうちゃく)する … 出くわす

・ かたをつける … 物事の処理をする

・ くさめ … くしゃみ

・ 大儀(たいぎ) … 面倒くさいこと

・ 火桶(ひおけ) … 木をくり抜いて作った丸火鉢

・ 汗袗(かざみ) … 汗取りのための一重の下着

・ 憂(うれ)え … 心配

・ 人目にかかる … 人に意識して見られる

・ ともかくも … ほかの事はどうであっても

・ 目につく … 注意が向く

・ 聖柄(ひじりづか) … 鮫皮をかけない木地のままの柄

・ 鞘走(さやばし)る … 刀身が鞘から自然に抜け出る

    
   [ 第二段落 ]  TOP

・ 息(いき)を殺(ころ)す … 呼吸の音を抑えて静かにする

・ 高(たか)をくくる … たいしたことはないと軽く見る

・ ただの者ではない … 普通の者ではない

・ やもり … ヤモリ科の爬虫類

・ 足音を盗(ぬす)む … 足音をたてないようにする

・ 無造作(むぞうさ)に … 気軽に

・ おぼろげながら … ぼんやりとではあるが

・ おし … しゃべれない人

・ 腐乱(ふらん)する … 腐って崩れる

・ 檜皮色(ひわだいろ) … 檜の樹皮のような赤黒い色

・ 好奇心(こうきしん) … 珍しいことに興味を持つ心

・ 暫時(ざんじ) … しばらくの間

・ 頭身(とうしん)の毛も太る … 恐怖のために毛が逆立つ

・ 手に従って … 手を動かすにつれて自然に

・ 憎悪(ぞうお) … 憎み嫌うこと

・ 語弊(ごへい)がある … 言葉の使い方が不適切なため不都合が生じる

・ 未練(みれん) … 諦めきれない気持ち

・ 合理的(ごうりてき) … 道理や論理に合っているさま

・ とうに … ずっと前に

    
   [ 第三段落 ]  TOP

・ 弩(いしゆみ)にはじかれたように … ぱっと勢いよく

・ おのれ … おまえ

・ 慌(あわ)てふためく … 慌てて取り乱す

・ 罵(ののし)る … 大きな声で悪く言う

・ わなわな … 体がこきざみに震えるさま

・ 肩で息を切る … 肩を上下させて苦しそうに息をする

・ 執拗(しゅうね)く … 執念深く

・ 全然(ぜんぜん) … まったく

・ 円満(えんまん) … どの方面にも支障のないさま

・ 成就(じょうじゅ)する … 成し遂げる

・ 声をやわらげる … 穏やかな声になる

・ 検非違使庁(けびいしちょう) … 京都の治安維持を所管する役所

・ 今しがた … ほんの少し前

・ 縄(なわ)をかける … つかまえる

・ 肉食鳥(にくしょくちょう) … 動物の肉を食べる鳥

・ 喉(のど)ぼとけ … 喉に突き出している骨

・ あえぐ … 苦しそうに息をする

・ 存外(ぞんがい) … 予想と異なるさま

・ 侮蔑(ぶべつ) … 見下しさげしむこと

・ 蟇(ひき) … ひきがえる

・ 口ごもる … 言葉が口内にこもって不明瞭になる

・ なんぼう … どんなに

・ じゃが … ではあるが

・ 太刀帯(たてわき) … 皇太子や御所を警備する役人

・ 陣(じん) … 詰め所

・ 往(い)んだ … 行った

・ 疫病(えやみ) … 伝染病

・ 死ななんだら … 死ななかったら

・ 菜料(さいりょう) … おかずの材料

・ いたそうな … いたそうだ

・ するのじゃて … するのだから

・ されば … だから

・ 大目(おおめ)に見る … 厳しくとがめないで寛大に扱う

・ 冷然(れいぜん) … 冷ややかで心を動かさないさま

・ 意識(いしき)の外に追い出される … 頭の中から消される

・ きっと … 間違いなく

・ 嘲(あざけ)る … 見下して悪口を言う、笑う

・ 念(ねん)を押(お)す … 間違いないか確かめる

・ 襟髪(えりがみ) … 首の後ろの髪

・ かみつくように … 激しい攻撃的な態度で

・ 引剥(ひは)ぎ … 追いはぎ

・ 恨(うら)むまいな … 恨まないだろうな

・ またたく間 … 非常に短い間

・ 夜の底 … はしごの下の真っ暗闇

   [ 第四段落 ]

・ 黒洞々(こくとうとう) … 底の知れない洞穴のような暗さ