漢文

漢文

推敲 現代語訳

唐詩紀事「推敲」の原文を書き下して現代語に訳しています。重要語句の意味つきです。
漢文

嬰逆鱗 現代語訳

韓非子「逆鱗にふる」の原文を書き下して現代語に訳しています。重要語句の意味つきです。
漢文

漁父之利 現代語訳

戦国策「漁夫の利」の原文を書き下して現代語に訳しています。重要語句の意味つきです。
漢文

鴻門の会

史記「鴻門の会」の「沛公旦日~誅殺曹無傷」の部分の書き下し文と現代語訳です。
漢文

朝三暮四 現代語訳

列子「朝三暮四」の原文を書き下して現代語に訳し、重要語句の意味を付けています。
漢文

渾沌 現代語訳

・ 「混沌」は、現在では「混じり合って区別のつかない状態」の表現に使用します。 ・ また「渾沌・混沌」は、「天地が分かれる前の未分化な状態」を意味します。さらに、中国の文献上では、荘子の「渾沌」...
漢文

借虎威 現代語訳

戦国策「虎の威を借る」の原文を書き下して現代語に訳し、また重要な語句の意味と読み方を付けています。
漢文

塞翁馬 現代語訳

「塞翁が馬」とは、「人生における幸不幸は予測できないこと」をたとえたものです。 「淮南子・人間訓」の次のような逸話に由来しています。 とりでの近くに住んでいる人に、占術の上手な者がいた。 ...
漢文

画竜点睛 現代語訳

・ 「画竜点睛」とは、「ものごとを完成させるために最後に肝要なところに手を加えて仕上げをする」という意味です。 ・ 「画竜点睛を欠く」とは、「ものごとの最も肝要なところがまだなされていない」とい...
漢文

胡蝶之夢 現代語訳

・ 「胡蝶の夢」とは、「現実と夢の区別がつかないこと」を意味します。 ・ 「荘子・斉物論」の次のような記述に由来しています。 かって、荘周は胡蝶になった夢を見た。 ひらひらと舞う胡蝶だっ...
漢文

四面楚歌 現代語訳

・ 「四面楚歌」とは「まわりが敵や反対者ばかりで、孤立して助けのない状態にあること」を意味します。 ・ 「史記・項羽本紀」の次のような記述に由来しています。 項王の軍は垓下の城壁の中にたて...
漢文

五十歩百歩 現代語訳

・ 「五十歩百歩」とは、「たいした違いがない、また、少しの違いはあるが本質的に変わらない」という意味です。 ・ 「孟子・梁恵王上」の次のような逸話に由来しています。 孟子が答えて言った、「...