鴻門の会

漢文

          [ 剣の舞 ]

沛公旦日百余騎を従へ、来たりて項王に見えんとす。
沛公は翌朝百騎余りの兵を従えて、項王にお目にかかろうとやって来た。

鴻門に至り、謝して曰はく、「臣将軍と力を戮せて秦を攻む。
鴻門に到着して、謝って言った、「私は将軍と力を合わせて秦を攻撃しました。

将軍は河北に戦ひ、臣は河南に戦ふ。
将軍は河北で戦い、私は河南で戦いました。

然れども自ら意はざりき、能く先に関に入りて秦を破り、復た将軍に此に見ゆることを得んとは。
しかしながら自分でも思っていませんでした、先に関中に入って秦を破り、再び将軍にここでお目にかかることができようとは。

今者小人の言有り、将軍をして臣と郤有らしむ。」と。
今つまらない者の告げ口があり、将軍と私を仲違いさせようとしています。」と。

項王曰はく、「此れ沛公の左司馬曹無傷之を言ふ。然らずんば、籍何を以て此に至らん。」と。
項王が言った、「これは沛公の左司馬曹無傷がそう言ったのだ。そうでなければ、私はどうしてこんなことをするだろうか。」と。

項王即日因りて沛公を留めて与に飲む。
項王はその日、沛公を引き止めていっしょに酒を飲んだ。

項王・項伯は東嚮して坐し、亜父は南嚮して坐す。
項王と項伯は東向きに座り、亜父は南向きに座った。

亜父とは范増なり。
亜父とは范増のことである。

沛公は北嚮して坐し、張良は西嚮して侍す。
沛公は北向きに座り、張良は西向きに控えていた。

范増数項王に目し、佩ぶる所の玉玦を挙げて、以て之に示す者三たびす。
范増はたびたび項羽に目くばせして、腰につけた玉玦を持ち上げて、項王に何回も見せた。

項王黙然として応ぜず。
項王は黙ったままで応じなかった。

范増起ち、出でて項荘を召し、謂ひて曰はく、「君王人と為り忍びず。
范増は立ちあがって、外に出て項荘を呼び出し、言いつけた、「君王の人柄では残忍なことができない。

若入り、前みて寿を為せ。
お前が入って、進み出て長寿を祝え。

寿畢はらば、請ひて剣を以て舞ひ、因りて沛公を坐に撃ちて之を殺せ。
長寿を祝うのが終わったら、願い出て剣で舞いをし、その機会に沛公を席上で攻撃して殺せ。

不者ずんば、若が属皆且に虜とする所と為らんとす。」と。
そうしないと、お前の身内の者は皆捕虜にされてしまうだろう。」と。

荘則ち入りて寿を為す。
項荘はそこで入って長寿の祝いをした。

寿畢はりて曰はく、「君王沛公と飲む。軍中以つて楽を為す無し。請ふ剣を以て舞はん。」と。
長寿の祝いが終わって言った、「君王は沛公と酒を飲んでいます。軍中なので音楽を演奏するすべがありません。どうか剣で舞わせてください。」と。

項王曰はく、「諾。」と。
項王が言った、「よかろう。」と。

項荘剣を抜き起ちて舞ふ。
項荘は剣を抜いて立ちあがって舞った。

項伯も亦剣を抜き起ちて舞ひ、常に身を以つて沛公を翼蔽す。
項伯も同様に剣を抜いて立ちあがって舞い、常に自分の体で沛公をかばった。

荘撃つを得ず。
項荘は攻撃することができなかった。

         [ 頭髪上指す ]

是に於いて張良軍門に至り、樊噲を見る。
そこで張良は陣営の門に行き、樊噲と会った。

樊噲曰はく、「今日の事何如」と。
樊噲が言うには、「今日のことはどんな様子ですか。」と。

良曰はく、「甚だ急なり。今者項荘剣を抜きて舞ふ。其の意常に沛公に在るなり。」と。
張良が言うには、「すごく差し迫っている。今項荘が剣を抜いて舞っている。その注意は常に沛公に向けられている。」と。

噲曰はく、「此れ迫れり。臣請ふ、入りて之と命を同じくせん。」と。
樊噲が言うには、「これは急を要する。私は中に入って生死をともにさせてもらいたい。」と。

噲即ち剣を帯び盾を擁して軍門に入る。
樊噲はすぐに剣を身につけ盾を持って陣営の門に入った。

交戟の衛士、止めて内れざらんと欲す。
戟を交差して門を守っていた兵士が中に入れまいとした。

樊噲其の盾を側てて、以て衛士を撞きて地に仆す。
樊噲はその盾を斜めに構えて、番兵を突いて地面に倒した。

噲遂に入り、帷を披きて西嚮して立ち、目を瞋らして項王を視る。
樊噲はそのまま中に入って、とばりを開いて西向きに立ち、怒って目を大きく開いて項羽を見た。

頭髪上指し、目眥尽く裂く。
髪の毛は逆立ち、まなじりはすべて裂けていた。

項王剣を按じて跽きて曰はく、「客何為る者ぞ。」と。
項羽が剣のつかに手をかけ膝をついて言うには、「おまえは何者だ。」と。

張良曰はく、「沛公の参乗、樊噲といふ者なり。」と。
張良が言うには、「沛公に同乗する護衛、樊噲という者です。」と。

項王曰はく、「壮士なり、之に卮酒を賜へ。」と。
項羽が言うには、「勇ましい男だ。この者に大杯の酒を与えよ。」と。

則ち斗卮酒を与ふ。
そこで一斗入りの大杯の酒を与えた。

噲拝謝して起ち、立ちながらにして之を飲む。
樊噲は謹んで礼を言って立ち、立ったままこれを飲んだ。

項王曰はく、「之に彘肩を賜へ。」と。
項羽が言うには、「この者に豚の肩の肉を与えよ。」と。

則ち一生彘肩を与ふ。
そこで一切れの生の豚の肩の肉を与えた。

樊噲其の盾を地に覆せ、彘肩を上に加へ、剣を抜き、切りて之を啗ふ。
樊噲はその盾を地面にふせ、豚の肩の肉をその上に置き、剣を抜き、切ってこれを食べた。

項王曰はく、「壮士なり、能く復た飲むか。」と。
項羽が言うには、「勇ましい男だ。さらに飲めるか。」と。

樊噲曰はく、「臣死すら且つ避けず、卮酒安くんぞ辞するに足らんや。
樊噲が言うには、「私は死ぬことさえも避けません、大杯の酒ぐらいどうして辞退するほどのことがありましょうか。

夫れ秦王虎狼の心有り。
そもそも秦王は残忍な心を持っていました。

人を殺すこと挙ぐる能はざるがごとく、人を刑すること勝へざるを恐るるがごとし。
人を殺したのは数えきれないほどであり、人を処刑したのは処理しきれないのを心配するほどでした。

天下皆之に叛く。
天下の人は皆これにそむきました。

懐王諸将と約して曰はく、『先に秦を破りて咸陽に入る者、之に王とせん。』と。
懐王が将軍たちと約束して言うには、『最初に秦を破って咸陽に入った者を、その地の王にしよう。』と。

今、沛公先に秦を破りて咸陽に入る。
今、沛公は最初に秦を破って咸陽に入りました。

毫毛も敢へて近づくる所有らず。
ほんのわずかなものも決して自分のものにしませんでした。

宮室を封閉し、還りて覇上に軍し、以て大王の来たるを待てり。
宮殿を閉鎖し、引き返して覇上に陣を取り、そして大王の到着するのを待っていました。

故に将を遣はし関を守らしめしは、他盗の出入と非常とに備へしなり。
わざわざ武将を派遣して関を守らせたのは、よそからの盗賊の出入りと非常事態とに備えたのです。

労苦して功高きこと此くのごときに、未だ封侯の賞有らず。
苦労して功績が高いのはこのとおりですが、まだ諸侯に封じるという恩賞がありません。

而も細説を聴きて、有功の人を誅せんと欲す。
それなのに、取るに足りない言葉を聞きいれて、功績の有る人を殺そうとしています。

此れ亡秦の続きなるのみ。
これでは滅んだ秦の二の舞になるだけです。

窃かに大王の為に取らざるなり。」と。
はばかりながら大王のために賛成しないのです。」と。

項王未だ以て応ふる有らず。
項羽はまだ何とも答えられなかった。

曰はく、「坐せよ。」と。
言うには、「座れ。」と。

樊噲良に従ひて坐す。
樊噲は張良にしたがって座った。

坐すること須臾にして、沛公起ちて厠に如き、因りて樊噲を招きて出づ。
座ってからしばらくして、沛公は立ちあがって便所に行き、そのついでに樊噲を招いて出ていった。

        [ 沛公、虎口を脱す ]

沛公已に出づ。
沛公はすでに出た。

項王都尉陳平をして沛公を召さしむ。
項羽は都尉陳平に沛公を呼びに行かせた。

沛公曰はく、「今者出づるに、未だ辞せざるなり。之を為すこと奈何。」と。
沛公が言うには、「今、出てくるにあたり、まだ別れの挨拶をしていない。これをどうしたらよいだろうか。」と。

樊噲曰はく、「大行は細謹を顧みず、大礼は小讓を辞せず。
樊噲が言うには、「大事を成すときには小さな慎みなど問題ではなく、重大な礼の前では小さな譲り合いにこだわりません。

如今、人は方に刀俎たり、我は魚肉たり。何ぞ辞することを為さん。」と。
今、相手はちょうど包丁とまな板で、こちらは魚や肉です。どうして別れの挨拶などしましょうか。」と。

是に於いて遂に去る。
それでそのまま立ち去った。

乃ち張良をして留まり謝せしむ。
そして張良を留まらせて謝罪させることにした。

良問ひて曰はく、「大王来たるとき何をか操れる。」と。
張良が尋ねて言うには、「大王はおいでになるとき何をお持ちになりましたか。」と。

曰はく、「我白璧一双を持し、項王に献ぜんと欲し、玉斗一双をば、亜父に与へんと欲せしも、其の怒りに会ひて、敢へて献ぜず。
言うには、「私は白璧一対を持参して、項王に献上しようと思い、玉斗一対を、亜父に与えようと思っていたが、その怒りにあって、しいて献上しなかった。

公我が為に之を献ぜよ。」と。
あなたが私に代わってこれを献上しなさい。」と。

張良曰はく、「謹みて諾す。」と。
張良が言った、「謹んでお受けします。」と。

是の時に当たり、項王の軍は鴻門の下に在り、沛公の軍は霸上に在り、相去ること四十里なり。
この時点で、項羽の軍は鴻門の辺りにあり、沛公の軍は覇水のほとりにあって、互いの距離は四十里であった。

沛公則ち車騎を置き、身を脱して独り騎し、樊噲・夏侯嬰・靳彊・紀信等四人の剣盾を持して歩走するものと、驪山の下より、芷陽に道して間行す。
沛公はそこで馬車と騎兵を置き、自分自身は脱け出して馬に乗って、樊噲・夏侯嬰・靳彊・紀信ら四人の剣と盾を持って徒歩で走る者と、驪山のふもとから、芷陽を通ってひそかに近道を行った。

沛公張良に謂ひて曰はく、「此の道より吾が軍に至る、二十里に過ぎざるのみ。
沛公が張良に向かって言うには、「この道を通ってわが軍に至るまで、ほんの二十里にすぎない。

我の軍中に至るを度り、公乃ち入れ。」と。
私が軍中に到着する頃合を見計らって、あなたはそこで入りなさい。」と。

沛公已に去り、間びて軍中に至る。
沛公はすでに去って、ひそかに軍中に到着した。

張良入りて謝して曰はく、「沛公桮杓に勝へず、辞する能はず。
張良が入って陳謝して言うには、「沛公はこれ以上酒が飲めなくて、別れの挨拶もできませんでした。

謹みて臣良をして白璧一双を奉じ、再拝して大王の足下に献じ、玉斗一双をば、再拝して大将軍の足下に奉ぜしむ。」と。
謹んで私張良に対して、白璧一対をささげて丁寧に拝礼して大王のおそばに献上し、玉斗一対を丁寧に拝礼して大将軍のおそばにささげなさいと命じました。」と。

項王曰はく、「沛公安くにか在る。」と。
項王が言うには、「沛公はどこにいるのか。」と。

良曰はく、「大王之を督過するに意有りと聞き、身を脱して独り去れり。已に軍に至らん。」と。
張良が言うには、「大王には沛公の過失をおとがめになる意志をお持ちだと聞き、脱け出して独りで帰りました。すでに軍に到着したでしょう。」と。

項王則ち璧を受け、之を坐上に置く。
項王は璧を受け取って、それを座席のそばに置いた。

亜父玉斗を受け、之を地に置き、剣を抜き撞きて之を破りて曰はく、「唉、豎子与に謀るに足らず。
亜父は玉斗を受け取って、それを地上に置き、剣を抜いて突いて壊して言うには、「ああ、小僧、ともに相談するには足りない。

項王の天下を奪ふ者は、必ず沛公ならん。
項王の天下を奪う者は、必ず沛公だろう。

吾が属今に之が虜と為らん。」と。
我ら一族は今にこれの捕虜にされてしまうだろう。」と。

沛公軍に至り、立ちどころに曹無傷を誅殺す。
沛公は軍に到着して、ただちに曹無傷の罪をとがめて殺した。

Takashiをフォローする
プロ家庭教師タカシ むかしの文学