雑説

漢文

世の中に伯楽がいて、はじめて千里の馬は存在する。
千里の馬はいつもいるが、伯楽はいつもいるとは限らない。
それで名馬がいても、ただ使用人の手で粗末に扱われ、馬小屋の中で首を並べて死んで、千里を走る能力をほめたたえられない。
馬で千里を走れるものは、一回の食事でときには穀物一石を食べつくす。
馬の飼い主は、その馬に千里を走る能力があると知って飼っていないのである。
その馬が、千里を走る能力があっても、食料が十分でなければ、力が足りなくて、才能のすばらしさが外に現れない。
そのうえ普通の馬と同じような働きをしたいと思ってもできない。
どうしてその千里を走る能力を求めることができようか。
これをむちで打つのに、それにふさわしい扱い方をしない。
これを飼育するのに、その素質を十分に発揮させることができない。
これに鳴いて訴えても、その気持ちを理解することができない。
むちを手に取ってこれを前にして言うには、「世の中に名馬はいない。」と。
ああ、ほんとうに名馬はいないのか、ほんとうに名馬を見抜けないのか。

Takashiをフォローする
プロ家庭教師タカシ むかしの文学