雑説

スポンサーリンク

「雑説」とは、一般的には「特に題を設けない論説文」という意味です。

韓愈「雑説」は、龍の説・医の説・鶴の説・馬の説の四つで構成されています。

そのうちの「馬の説」についての説明です。

     [ 現代語訳 ]

世の中に伯楽がいて、はじめて千里の馬は存在する。
千里の馬はいつもいるが、伯楽はいつもいるとは限らない。
それで名馬がいても、ただ使用人の手で粗末に扱われ、
馬小屋の中で首を並べて死んで、千里を走る能力をほめたたえられない。
馬で千里を走れるものは、一回の食事でときには穀物一石を食べつくす。
馬の飼い主は、その馬に千里を走る能力があると知って飼っていないのである。
その馬が、千里を走る能力があっても、食料が十分でなければ、
力が足りなくて、才能のすばらしさが外に現れない。
そのうえ普通の馬と同じような働きをしたいと思ってもできない。
どうしてその千里を走る能力を求めることができようか。
これをむちで打つのに、それにふさわしい扱い方をしない。
これを飼育するのに、その素質を十分に発揮させることができない。
これに鳴いて訴えても、その気持ちを理解することができない。
むちを手に取ってこれを前にして言うには、「世の中に名馬はいない。」と。
ああ、ほんとうに名馬はいないのか、ほんとうに名馬を見抜けないのか。

     [ 詳しい解説 ]

世有伯楽、然後有千里馬。
世に伯楽有りて、然る後に千里の馬有り。
はくらくありて、しかのちせんりうまあ
世の中に伯楽がいて、はじめて千里の馬は存在する。
・ 伯楽 … 馬の鑑定の名人
・ 然後 … それではじめて
・ 千里馬 … 一日に千里を走る名馬

千里馬常有、而伯楽不常有。
千里の馬は常に有れども、伯楽は常には有らず。
せんりうまつねれども、はくらくつねにはらず
千里の馬はいつもいるが、伯楽はいつもいるとは限らない。
・ 而(置き字・逆説)
・ 不常~ … いつも~とは限らない
  読み「つねニハ~ず」(部分否定)

故雖有名馬、祇辱於奴隷人之手、
故に名馬有りと雖も、祇だ奴隷人の手に辱められ、
ゆえめいばありといえど、たどれいじんはずかしめられ
それで名馬がいても、ただ使用人の手で粗末に扱われ、
・ 雖 … ~であっても(逆説)
・ 雖も(読み:いえども)
・ 祇 … ただ(限定)
・ 奴隷人 … 使用人
・ ~於A … Aに~される
  読み「Aニ~ラル」(受身)

駢死於槽櫪之間、不以千里称也。
槽櫪の間に駢死して、千里を以て称せられざるなり。
そうれきかんへんしして、せんりもつしようせられざるなり
馬小屋の中で首を並べて死んで、千里を走る能力をほめたたえられない。
・ 槽櫪之間 … 馬小屋の中
・ 駢死 … 首を並べて死ぬ
・ 称 ⇒ 文脈上「称せられる」と受身に読む

馬之千里者、一食或尽粟一石。
馬の千里なる者は、一食に或いは粟一石を尽くす。
うませんりなるもの、いつしよくあるいはぞくいつせきくす
馬で千里を走れるものは、一回の食事でときには穀物一石を食べつくす。
・ 粟 … 穀物

食馬者、不知其能千里而食也。
馬を食ふ者は、其の能の千里なるを知りて食はざるなり。
うまやしなもののうせんりなるをりてやしなはざるなり
馬の飼い主は、その馬に千里を走る能力があると知って飼っていないのである。
・ 食 … 養う

是馬也、雖有千里之能、食不飽、
是の馬や、千里の能有りと雖も、食飽かざれば、
うま、せんりのうありといえど、しよくあかざれば
その馬が、千里を走る能力があっても、食料が十分でなければ、
・ 飽 … 十分になる

力不足、才美不外見。
力足らず、才の美外に見はれず。
ちからたらず、さいびそとあらわれず
力が足りなくて、才能のすばらしさが外に現れない。
・ 才美 … 才能の優秀さ
・ 見 … 現れる

且欲与常馬等、不可得。
且つ常馬と等しからんと欲するも得べからず。
じようばひとしからんとほつするも、うべからず
そのうえ普通の馬と同じような働きをしたいと思ってもできない。
・ 且 … せめて
・ 常馬 … 並の能力の馬
・ 不可~ … ~できない

安求其能千里也。
安くんぞ其の能の千里なるを求めんや。
いずくんぞのうせんりなるをもとめんや
どうしてその千里を走る能力を求めることができようか。
・ 安~也 … どうして~か、~でない
  読み「いずクンゾ~や」(反語)

策之、不以其道。
之を策うつに、其の道を以てせず。
これむちうつに、そみちもつてせず
これをむちで打つのに、それにふさわしい扱い方をしない。
・ 其道 … ふさわしい方法

食之、不能尽其材。
之を食ふに、其の材を尽くさしむる能はず。
これやしなふに、そざいくさしむるあたはず
これを飼育するのに、その素質を十分に発揮させることができない。
・ 不能~ … ~できない
・ 尽 ⇒ 文脈上「尽くさしむ」と使役に読む
・ 材 … 才能

鳴之、而不能通其意。
之に鳴けども、其の意に通ずる能はず。
これけども、そつうずるあたはず
これに鳴いて訴えても、その気持ちを理解することができない。
・ 而(置き字・逆説)

執策而臨之曰、「天下無馬。」
策を執りて之に臨みて曰はく、「天下に馬無し。」と。
むちりてこれのぞみてはく、「てんかうまな。」
むちを手に取ってこれを前にして言うには、「世の中に名馬はいない。」と。
・ 而(置き字・順説)

嗚呼、其真無馬邪、其真不知馬也。
鳴呼、其れ真に馬無きか、其れ真に馬を知らざるか。
ああ、そしんうまなきか、そしんうまらざるか
ああ、ほんとうに名馬はいないのか、ほんとうに名馬を見抜けないのか。
・ 嗚呼 … ああ(感嘆)
・ 其~ … ~の部分を強める
・ ~耶 … ~か(疑問)
・ ~也 … ~か(疑問)

漢文
スポンサーリンク
Takashiをフォローする
プロ家庭教師タカシ むかしの文学