病入膏肓

「病入膏肓」とは「手がつけられなくなるほど趣味に夢中になったり悪い癖が身についたりしていること、また、病気の症状が治療による回復が見込めないほど悪化していること」を意味します。

「春秋左氏伝」の次のような記述に由来しています。

晋の景公は病気が重かった。医者を秦に求めた。
秦の君主は医者の緩にこれを治療させることにした。
まだ到着しない時に、景公の夢の中で病気が二人の子供になって言うには、
「彼は名医だ。我々を退治するのではないかと心配だ。どこに逃げようか。」と。
その一人が言うには、「肓の上、膏の下にいれば、我々をどうしようもないだろう。」と。
医者が到着して言うには、「病気は治療することができません。
肓の上、膏の下にいて、これを治療することは不可能です。
これに鍼を打って治そうとしても届きませんし、薬も効きません。治療することができません。」と。
景公が言うには、「名医である。」と。手厚く診療の謝礼を与えてこれを帰らせた。

     [ 詳しい解説 ]

晋景公疾病。求医于秦。
晋の景公疾病なり。医を秦に求む。
しんけいこうやまいへいなり。いしんもと
晋の景公は病気が重かった。医者を秦に求めた。
・ 疾病 … 病気が重い

秦伯使医緩為之。
秦伯医の緩をしてこれを為めしむ。
しんぱくいかんをしてこれをおさめしむ
秦の君主は医者の緩にこれを治療させることにした。
・ 伯 … 諸侯の長、君主
・ 使A~ … Aに~させる
  読み「Aヲシテ~しム」(使役)

未至、公夢疾為二豎子曰、
未だ至らざるに、公の夢に疾二豎子と為りて曰はく、
いまいたらざるに、こうゆめやまいにじゆしりてはく
まだ到着しない時に、景公の夢の中で病気が二人の子供になって言うには、
・ 未~ … まだ~しない
  読み「いまダ~ず」(再読文字)
・ 豎子 … 子ども

「彼良医也。懼傷我。焉逃之。」
「彼は良医なり。我を傷つけんことを懼る。焉くにか之を逃れん。」と。
「かれりよういなり。われきずつけんことをおそ。いずくにかこれのがれん。」
「彼は名医だ。我々を退治するのではないかと心配だ。どこに逃げようか。」と。
・ 焉~ … どこに~か
  読み「いずクニカ~」(疑問)

其一曰、「居肓之上、膏之下、若我何。」
其の一曰はく、「肓の上、膏の下に居らば、我を若何せん。」と。
いちいはく、「こううえ、こうしたらば、われいかんせん。」
その一人が言うには、「肓の上、膏の下にいれば、我々をどうしようもないだろう。」と。
・ 膏 … 心臓の下部
・ 肓 … 横隔膜の上部
・ 若何 … どうするだろうか、どうしようもない
  読み「いかんセン」(反語)

医至曰、「疾不可為也。
医至りて曰はく、「疾為むべからざるなり。
いいたりてはく、「やまいおさむべからざるなり
医者が到着して言うには、「病気は治療することができません。
・ 不可~ … ~できない
  読み「べカラず」(不可能)

在肓之上、膏之下、攻之不可。
肓の上、膏の下に在り、之を攻むるは不可なり。
こううえ、こうした、これむるはふかなり
肓の上、膏の下にいて、これを治療することは不可能です。
・ 攻 … 治療する

達之不及、薬不至焉。不可為也。」
之に達せんとするも及ばず、薬至らず。為むべからざるなり。」と。
これたつせんとするもおよばず、くすりいたらず。おさむべからざるなり。」
これに鍼を打って治そうとしても届きませんし、薬も効きません。治療することができません。」と。
・ 達 … 鍼を到達させる
・ 焉(置き字・断定)

公曰、「良医也。」厚為之礼而帰之。
公曰はく、「良医なり。」と。厚く之が礼を為して之を帰らしむ。
こういはく、「りよういなり。」。あつこれれいしてこれかえらしむ
景公が言うには、「名医である。」と。手厚く診療の謝礼を与えてこれを帰らせた。
・ 之が礼 … 診療の謝礼
・ 帰之 ⇒ 文脈上「之を帰らしむ」と使役に読む

漢文
Takashiをフォローする
プロ家庭教師タカシ むかしの文学