画竜点睛 現代語訳

漢文

・ 「画竜点睛」とは、「ものごとを完成させるために最後に肝要なところに手を加えて仕上げをする」という意味です。

・ 「画竜点睛を欠く」とは、「ものごとの最も肝要なところがまだなされていない」という意味です。

・ 「歴代名画記」の次のような逸話に由来しています。

張僧繇は、呉中の人である。
武帝が仏教寺院を美しく飾るときには、多くの場合僧繇に命じて描かせていた。
金陵の安楽寺に描かれた四頭の白竜には、瞳を描き入れていなかった。
いつも言っていた、「瞳を描き入れると、即座に飛び去るだろう。」と。
人々はでたらめだと思い、強くこれに瞳を描き入れることを求めた。
たちまち雷鳴と電光が壁を破り、二匹の竜は雲に乗り、躍り上がって天に昇った。
二匹のまだ瞳を描き入れていないものは、現存している。

       [ 書き下し文 ]

張僧繇は、呉中の人なり。
武帝仏寺を崇飾するに、多く僧繇に命じて之に画かしむ。
金陵の安楽寺の四白竜は、眼睛を点ぜず。
毎に云ふ、「睛を点ぜば、即ち飛び去らん。」と。
人以て妄誕と為し、固く之に点ぜんことを請ふ。
須臾にして雷電壁を破り、両竜雲に乗り、騰去して天に上る。
二竜の未だ眼を点ぜざる者は、見に在り。

       [ 詳しい解説 ]

張僧繇、呉中人也。
張僧繇は、呉中の人なり。
張僧繇は、呉中の人である。

武帝崇飾仏寺、多命僧繇画之。
武帝仏寺を崇飾するに、多く僧繇に命じて之に画かしむ。
・ 崇飾 … 立派に飾る
・ 命A~ … Aに命じて~させる
  読み「Aニめいジテ~しム」(使役)
武帝が仏教寺院を美しく飾るときには、多くの場合僧繇に命じて描かせていた。

金陵安楽寺四白竜、不点眼睛。
金陵の安楽寺の四白竜は、眼睛を点ぜず。
・ 点 … 描き入れる
・ 眼睛 … ひとみ
金陵の安楽寺に描かれた四頭の白竜には、瞳を描き入れていなかった。

毎云、「点睛、即飛去。」
毎に云ふ、「睛を点ぜば、即ち飛び去らん。」と。
・ 毎 … いつも
・ 即 … すぐに
いつも言っていた、「瞳を描き入れると、即座に飛び去るだろう。」と。

人以為妄誕、固請点之。
人以て妄誕と為し、固く之に点ぜんことを請ふ。
・ 以為~ … ~と思う
・ 妄誕 … でたらめ
・ 固 … 強く
・ 請 … 求める
人々はでたらめだと思い、強くこれに瞳を描き入れることを求めた。

須臾雷電破壁、両竜乗雲、騰去上天。
須臾にして雷電壁を破り、両竜雲に乗り、騰去して天に上る。
・ 須臾 … たちまち
・ 雷電 … かみなりといなずま
・ 騰去 … 躍り上がる
たちまち雷鳴と電光が壁を破り、二匹の竜は雲に乗り、躍り上がって天に昇った。

二竜未点眼者、見在。
二竜の未だ眼を点ぜざる者は、見に在り。
・ 未~ … まだ~ない
  読み「いまダ~ず」(再読文字)
・ 見 … 現在
二匹のまだ瞳を描き入れていないものは、現存している。

Takashiをフォローする
プロ家庭教師タカシ むかしの文学