為秀の秀歌・正徹物語

為秀の、
為秀の、
・為秀 … 名詞
・の … 格助詞

  あはれ知る友こそかたき世なりけれ
  しみじみとした情趣のわかる友人がめったにいない世であることよ。
  ・あはれ … 名詞
  ・知る … 四段活用の動詞「知る」の連体形
  ・友 … 名詞
  ・こそ … 係助詞・強調
  ・かたき … ク活用の形容詞「かたし」の連体形
  ・世 … 名詞
  ・なり … 断定の助動詞「なり」の連用形
  ・けれ … 詠嘆の助動詞「けり」已然形(結び)

  ひとり雨聞く秋の夜すがら
  秋の夜に一晩中ひとりで雨音を聞いている。
  ・ひとり … 名詞
  ・雨 … 名詞
  ・聞く … 四段活用の動詞「聞く」の連体形
  ・秋 … 名詞
  ・の … 格助詞
  ・夜すがら … 副詞

の歌を聞きて、了俊は為秀の弟子になられたるなり。
という歌を聞いて、了俊は為秀の弟子になられたのです。
・の … 格助詞
・歌 … 名詞
・を … 格助詞
・聞き … 四段活用の動詞「聞く」の連用形
・て … 接続助詞
・了俊 … 名詞
・は … 係助詞
・為秀 … 名詞
・の … 格助詞
・弟子 … 名詞
・に … 格助詞
・なら … 四段活用の動詞「なる」の未然形
・れ … 尊敬の助動詞「る」の連用形 ⇒ 筆者から了俊への敬意
・たる … 完了の助動詞「たり」の連体形
・なり … 断定の助動詞「なり」の終止形

「ひとり雨聞く秋のよすがら」は、上の句にてあるなり。
「ひとり雨聞く秋の夜すがら」は、上の句に位置するものです。
・ひとり … 名詞
・雨 … 名詞
・聞く … 四段活用の動詞「聞く」の連体形
・秋 … 名詞
・の … 格助詞
・夜すがら … 副詞
・は … 係助詞
・上の句 … 名詞
・に … 断定の助動詞「なり」の連用形
・て … 接続助詞
・ある … ラ行変格活用の動詞「あり」の連体形
・なり … 断定の助動詞「なり」の終止形

秋の夜、ひとり雨を聞きて、「あはれ知る友こそかたき世なりけれ」と思ひたるなり。
秋の夜、ひとりで雨音を聞いて、「あはれ知る友こそかたき世なりけれ」と思ったのです。
・秋 … 名詞
・の … 格助詞
・夜 … 名詞
・ひとり … 名詞
・雨 … 名詞
・を … 格助詞
・聞き … 四段活用の動詞「聞く」の連用形
・て … 接続助詞
・あはれ … 名詞
・知る … 四段活用の動詞「知る」の連体形
・友 … 名詞
こそ … 係助詞・強調
・かたき … ク活用の形容詞「かたし」の連体形
・世 … 名詞
・なり … 断定の助動詞「なり」の連用形
・けれ … 詠嘆の助動詞「けり」の已然形(結び)
・と … 格助詞
・思ひ … 四段活用の動詞「思ふ」の連用形
・たる … 完了の助動詞「たり」の連体形
・なり … 断定の助動詞「なり」の終止形

あはれ知る友のあるならば、誘はれて、
しみじみとした情趣のわかる友人がいれば、誘われて、
・あはれ … 名詞
・知る … 四段活用の動詞「知る」の連体形
・友 … 名詞
・の … 格助詞
・ある … ラ行変格活用の動詞「あり」の連体形
・なら … 断定の助動詞「なり」の未然形
・ば … 接続助詞
・誘は … 四段活用の動詞「誘ふ」の未然形
・れ … 受身の助動詞「る」の連用形
・て … 接続助詞

いづちへも行きて、語りも明かさば、かく雨をば聞くべからず。
どこへでも行って、語り明かせば、このように雨音を聞くはずはありません。
・いづち … 代名詞
・へ … 格助詞
・も … 係助詞
・行き … 四段活用の動詞「行く」の連用形
・て … 接続助詞
・語り … 四段活用の動詞「語る」の連用形
・も … 係助詞
・明かさ … 四段活用の動詞「明かす」の未然形
・ば … 接続助詞
・かく … 副詞
・雨 … 名詞
・を … 格助詞
・ば … 係助詞
・聞く … 四段活用の動詞「聞く」の終止形
・べから … 当然の助動詞「べし」の未然形
・ず … 打消の助動詞「ず」の終止形

いかんともせぬところが殊勝に覚えはべるなり。
どのようにもしないところが感心に思われるのでございます。
・いかん … 副詞
・と … 格助詞
・も … 係助詞
・せ … サ行変格活用の動詞「す」の未然形
・ぬ … 打消の助動詞「ず」の連体形
・ところ … 名詞
・が … 格助詞
・殊勝に … 形容動詞「殊勝なり」の連用形
・覚え … 下二段活用の動詞「覚ゆ」の連用形
・はべる … ラ行変格活用の動詞「はべり」の連体形
はべる … 丁寧の補助動詞 ⇒ 筆者から読者への敬意
・なり … 断定の助動詞「なり」の終止形

「ひとり雨聞く秋の夜半かな」ともあらば、果つべきが、
「ひとり雨聞く秋の夜半かな」とでもなっていれば、歌の意味が切れて終わるはずですが、
・ひとり … 名詞
・雨 … 名詞
・聞く … 四段活用の動詞「聞く」の連体形
・秋 … 名詞
・の … 格助詞
・夜半 … 名詞
・かな … 終助詞
・と … 格助詞
・も … 係助詞
・あら … ラ行変格活用の動詞「あり」の未然形
・ば … 接続助詞
・果つ … 下二段活用の動詞「果つ」の終止形
・べき … 当然の助動詞「べし」の連体形
・が … 接続助詞

「秋の夜すがら」と言ひ捨てて、果てざるところが肝要なり。
「秋の夜すがら」と言ひ捨てて、終わらないところが大切なのです。
・秋 … 名詞
・の … 格助詞
・夜すがら … 副詞
・と … 格助詞
・言ひ捨て … 下二段活用の動詞「言ひ捨つ」の連用形
・て … 接続助詞
・果て … 下二段活用の動詞「果つ」の未然形
・ざる … 打消の助動詞「ず」の連体形
・ところ … 名詞
・が … 格助詞
・肝要なり … 形容動詞「肝要なり」の終止形

「ひとり雨聞く秋の夜すがら思ひたるは」といふ心を残して、「夜すがら」とは言へるなり。
「ひとりで雨音を聞く秋に一晩中思っていたのは」という心を残して、「夜すがら」とは詠んだのです。
・ひとり … 名詞
・雨 … 名詞
・聞く … 四段活用の動詞「聞く」の連体形
・秋 … 名詞
・の … 格助詞
・夜すがら … 副詞
・思ひ … 四段活用の動詞「思ふ」の連用形
・たる … 存続の助動詞「たり」の連体形
・は … 係助詞
・と … 格助詞
・いふ … 四段活用の動詞「いふ」の連体形
・心 … 名詞
・を … 格助詞
・残し … 四段活用の動詞「残す」の連用形
・て … 接続助詞
・夜すがら … 副詞
・と … 格助詞
・は … 係助詞
・言へ … 四段活用の動詞「言ふ」の命令形
・る … 完了の助動詞「り」の連体形
・なり … 断定の助動詞「なり」の終止形

されば、「ひとり雨聞く秋の夜すがら」が上の句にてあるなり。
ですから、「ひとり雨聞く秋の夜すがら」が上の句に位置するものなのです。
・されば … 接続詞
・ひとり … 名詞
・雨 … 名詞
・聞く … 四段活用の動詞「聞く」の連体形
・秋 … 名詞
・の … 格助詞
・夜すがら … 副詞
・が … 格助詞
・上の句 … 名詞
・に … 断定の助動詞「なり」の連用形
・て … 接続助詞
・ある … ラ行変格活用の動詞「あり」の連体形
・なり … 断定の助動詞「なり」の終止形

「ひとり雨聞く」が下の句ならば、させる節もなき歌にてあるべきなり。
「独り雨聞く」が下の句に位置するならば、それほどのきわだった点もない歌になっているはずなのです。
・ひとり … 名詞
・雨 … 名詞
・聞く … 四段活用の動詞「聞く」の連体形
・が … 格助詞
・下の句 … 
・なら … 断定の助動詞「なり」の未然形
・ば … 接続助詞
・させる … 
・節 … 名詞
・も … 係助詞
・なき … 形容詞「なし」の連体形
・歌 … 名詞
・に … 断定の助動詞「なり」の連用形
・て … 接続助詞
・ある … ラ行変格活用の動詞「あり」の連体形
・べき … 当然の助動詞「べし」の連体形
・なり … 断定の助動詞「なり」の終止形