渾沌 現代語訳

漢文

・ 「混沌」は、現在では「混じり合って区別のつかない状態」の表現に使用します。

・ また「渾沌・混沌」は、「天地が分かれる前の未分化な状態」を意味します。さらに、中国の文献上では、荘子の「渾沌」が代表的な例ですが、「渾沌・混沌」は伝説上の生物として登場しています。

南海の帝を儵といい、北海の帝を忽といい、中央の帝を渾沌という。
儵と忽とは、ときどき一緒になって渾沌の地で出会った。
渾沌はこれを非常に手厚くもてなした。
儵と忽とが、渾沌の恩恵に報いようと相談して言った、
「人間にはみな七つの穴がある、それによって見たり、聞いたり、食べたり、息をしたりする。
渾沌だけにはない。ためしに渾沌に穴を開けてあげよう。」と。
一日に一つ穴をあけて、七日目に渾沌は死んだ。

        [ 書き下し文・読み ]

       [ 詳しい解説 ]

南海之帝為儵、北海之帝為忽、中央之帝為渾沌。
南海の帝を儵と為し、北海の帝を忽と為し、中央の帝を渾沌と為す。
南海の帝を儵といい、北海の帝を忽といい、中央の帝を渾沌という。
・ 儵 … 非常に短い時間
・ 忽 … 非常に短い時間
・ 渾沌 … 天地が分かれる前の未分化な状態

儵与忽、時相与遇於渾沌之地。
儵と忽と、時に相与に渾沌の地に遇ふ。
儵と忽とは、ときどき一緒になって渾沌の地で出会った。
・ A与B … AとBと
・ 相与 … 互いに一緒に
・ 於(置き字・場所) … ~で

渾沌待之甚善。
渾沌之を待すること甚だ善し。
渾沌はこれを非常に手厚くもてなした。
・ 待 … 接待する

儵与忽、謀報渾沌之徳曰、
儵と忽と、渾沌の徳に報いんことを謀りて曰はく、
儵と忽とが、渾沌の恩恵に報いようと相談して言った、
・ 謀 … 計画する

「人皆有七竅、以視聴食息。
「人皆七竅有り、以つて視聴食息す。
「人間にはみな七つの穴がある、それによって見たり、聞いたり、食べたり、息をしたりする。
・ 七竅 … 七つの穴、目・耳・口・鼻
・ 以(手段) … ~で

此独無有。嘗試鑿之。」
此れ独り有ること無し。嘗試みに之を鑿たん。」と。
渾沌だけにはない。ためしに渾沌に穴を開けてあげよう。」と。
・ ~独 … ~だけ(限定)

日鑿一竅、七日而渾沌死。
日に一竅を鑿ち、七日にして渾沌死す。
一日に一つ穴をあけて、七日目に渾沌は死んだ。
・ 鑿 … 穴をあける
・ 而(置き字・順接) … そして

Takashiをフォローする
プロ家庭教師タカシ むかしの文学