朝三暮四 現代語訳

漢文

宋有狙公者。
宋に狙公なる者有り。
そうそこうなるものあ
宗の国に猿まわしがいた。
・ 狙公 … 猿まわし

愛狙、養之成群。
狙を愛し、之を養ひて群を成す。
さるあい、これやしなひてぐん
猿をかわいがり、これを飼育して群をなしていた。
・ 狙 … 猿

能解狙之意、狙亦得公之心。
能く狙の意を解し、狙も亦公の心を得たり。
さるかい、さるまたこうこころたり
猿の気持ちを理解することができ、猿もまた猿まわしの気持ちがわかった。
・ 能~ … ~できる(可能)
・ 亦 … 同様に
・ 得 … 理解する

損其家口、充狙之欲。
其の家口を損じて、狙の欲を充たせり。
かこうそんじて、そよくたせり
自分の家族の食料を減らして、猿の食欲を満たしてやった。
・ 損 … 減らす
・ 家口 … 家族の食べ物

俄而匱焉。
俄にして匱し。
にわかにしてとぼ
急に食料が足りなくなった。
・ 俄 … 急に
・ 而(置き字・語調を整える)
・ 匱 … 衣食が不足する
・ 焉(置き字・断定)

将限其食。
将に其の食を限らんとす。
まさしょくかぎらんとす
猿の食料を制限しようとした。
・ 将~ … いまにも~しようとする
  読み「まさニ~す」(再読文字)

恐衆狙之不馴於己也、先誑之曰、
衆狙の己に馴れざるを恐るるや、先づ之を誑きて曰はく、
しゅうそおのれれざるをおそるるや、まこれあざむきてはく
猿たちが自分に慣れ従わなくなるのを心配したのか、初めにこれをだまして言った、
・ 衆 … 多くの
・ 於(置き字・対象) … ~に
・ 誑く … 言葉巧みにだます

「与若芧、朝三而暮四、足乎。」
「若に芧を与ふるに、朝に三にして暮れに四にせん、足るか。」と。
「なんじしょあたふるに、あしたさんにしてれににせん、たるか。」
「お前たちにトチの実をやるのを、朝三つ夕方四つにしようと思うが、足りるか。」と。
・ 若 … おまえ
・ 芧 … トチの実
・ 而(置き字・語調を整える)
・ ~乎 … ~か(疑問)

衆狙皆起而怒。俄而曰、
衆狙皆起ちて怒る。俄にして曰はく、
しゅうそみなたちていか。にはかにしてはく
猿たちは皆立ち上がって怒った。急に言った、
・ 而(置き字・順接) … そして
・ 而(置き字・語調を整える)

「与若芧、朝四而暮三、足乎。」
「若に芧を与ふるに、朝に四にして暮れに三にせん、足るか。」と。
「なんじしょあたふるに、あしたにしてれにさんにせん、たるか。」
「お前たちにトチの実をやるのを、朝四つ夕方三つにしようと思うが、足りるか。」と。
・ 而(置き字・語調を整える)
・ ~乎 … ~か(疑問)

衆狙皆伏而喜。
衆狙皆伏して喜ぶ。
しゅうそみなふしてよろこ
猿たちは皆ひれ伏して喜んだ。
・ 伏 … 平伏する
・ 而(置き字・順接) … そして

Takashiをフォローする
プロ家庭教師タカシ むかしの文学