推敲 現代語訳

漢文

賈島赴挙至京。
賈島挙に赴きて京に至る。
かとうきょおもむきてけいいた
賈島が科挙の試験を受けるために都にやってきた。
・ 挙 … 科挙
・ 赴 … 出かけて行く
・ 京 … 都

騎驢賦詩、得「僧推月下門」之句。
驢に騎り詩を賦して、「僧は推す月下の門」の句を得たり。
して、「そうげっかもん」たり
ロバに乗って詩を作り、「僧は推す月下の門」という句を思いついた。
・ 賦 … 詩歌を作る
・ 得 … 自分のものになる

欲改推作敲。
推を改めて敲と作さんと欲す。
すいあらためてこうさんとほっ
「推す」を改めて「敲く」にしたいと思った。
・ 欲~ … ~したいと思う
・ 敲 … たたく

引手作推敲之勢、未決。
手を引きて推敲の勢を作すも、未だ決せず。
きてすいこうせいすも、いまけっせず
手を動かして「推す」と「敲く」のしぐさをしてみたが、まだ決まらない。
・ 勢 … しぐさ
・ 未~ … まだ~ない
  読み「いまダ~ず」(再読文字)

不覚衝大尹韓愈。
覚えず大尹韓愈に衝たる。
おぼえず、たいいんかんゆたる
気づかないで都の長官韓愈の一行にぶつかった。
・ 不~ … ~ない(否定)
・ 覚 … 気づく
・ 衝 … 突き当たる

乃具言。愈曰、「敲字佳矣。」
乃ち具さに言ふ。愈曰はく、「敲の字佳し。」と。
すなわつぶさに。ゆいはく、「こうじよ。」
そこで詳しく説明すると、韓愈が言った、「敲の字がよい。」と。
・ 乃 … そこで
・ 乃ち(読み:すなわち)
・ 具 … 詳しく
・ 具さに(読み:つぶさに)
・ 佳 … 優れている

遂並轡論詩久之。
遂に轡を並べて詩を論ずること之を久しくす。
ついたずなならべてろんずることこれひさしくす
そのまま馬を並べて詩について長々と議論した。
・ 遂 … そのまま
・ 遂に(読み:ついに)
・ 並轡 … 馬を並べる

Takashiをフォローする
プロ家庭教師タカシ むかしの文学