嬰逆鱗 現代語訳

漢文

夫竜之為虫也、柔可狎而騎也。
夫れ竜の虫たるや、柔なること狎れて騎るべきなり。
りゅうちゅうたるや、じゅうなることれてるべきなり
そもそも龍という動物は、従順な性格であり飼いならして乗ることができる。
・ 夫 … そもそも
・ 夫れ(読み:それ)
・ 虫 … 動物の総称
・ 柔 … 従順である
・ 可~ … ~できる(可能)
・ 狎 … 飼いならす
・ 而(置き字・順接) … そして

然其喉下有逆鱗径尺。
然れども其の喉の下に逆鱗の径尺なる有り。
しかれどものどしたげきりんけいしゃくなる
しかし竜の喉の下には逆さに生えた直径1尺の鱗がある。
・ 然 … しかしながら(逆接)
・ 逆鱗(げきりん) … 逆さに生えた鱗
・ 径尺(けいしゃく) … 直径1尺

若人有嬰之者、則必殺人。
若し人の之に嬰るる者有らば、則ち必ず人を殺す。
ひとこれるるものあらば、すなわかならひところ
もしこれに触れる者がいると、必ずその人を殺す。
・ 若 … もし(仮定)
・ 若し(読み:もし)
・ ~則 … ~の場合には
・ 則ち(読み:すなわち)

人主亦有逆鱗。
人主も亦逆鱗有り。
じんしゅまたげきりんあ
君主にも同様に逆鱗がある。
・ 人主 … 君主
・ 亦 … 同様に
・ 亦(読み:また)

説者能無嬰人主之逆鱗、則幾矣。
説者能く人主の逆鱗に嬰るる無くんば、則ち幾し。
ぜいしゃよじんしゅげきりんるるくんば、すなわちか
意見を述べる者が君主の逆鱗に触れずにいることができれば、もう少しで成功だ。
・ 説者 … 意見を述べる者
・ 能~ … ~できる(可能)
・ 能く(読み:よく)
・ 幾 … もう少しである

Takashiをフォローする
プロ家庭教師タカシ むかしの文学