塞翁馬 現代語訳

漢文

「塞翁が馬」とは、「人生における幸不幸は予測できないこと」をたとえたものです。

「淮南子・人間訓」の次のような逸話に由来しています。

とりでの近くに住んでいる人に、占術の上手な者がいた。
馬が理由もなく逃げて胡の地に行ってしまった。
人々は皆これを慰めた。
その老人は言った、「これがどうして福とならないだろうか。」と。
数ヶ月たって、その馬が胡の優れた馬を連れて帰ってきた。
人々は皆これにお祝いを言った。
その老人は言った、「これがどうして禍いにならないでいられようか。」と。
家は良馬であふれた。その息子は乗馬を好み、落馬してその大腿骨を折った。
人々は皆これを慰めた。
その老人は言った、「これがどうして福とならないだろうか。」と。
一年たって、胡の人が大勢でとりでに攻めこんだ。
成人の男性は弓を引いて戦い、とりでの近くに住む者は、十人のうち九人が死んだ。
これだけは片足が不自由だったので、父子ともに無事だった。
それで福が禍いとなり、禍いが福となる、その変化は知り尽くすことができず、道理の奥深さは測り知ることができないのだ。

       [ 書き下し文 ]

塞上に近きの人に、術を善くする者有り。
馬故無くして亡げて胡に入る。人皆之を弔す。
其の父曰はく、「此れ何遽ぞ福と為らざらんや。」と。
居ること数月、其の馬胡の駿馬を将ゐて帰る。人皆之を賀す。
其の父曰はく、「此れ何遽ぞ禍と為る能はざらんや。」と。
家良馬に富む。其の子騎を好み、堕ちて其の髀を折る。人皆之を弔す。
其の父曰はく、「此れ何遽ぞ福と為らざらんや。」と。
居ること一年、胡人大いに塞に入る。
丁壮なる者弦を引きて戦ひ、塞に近きの人、死する者十に九なり。
此れ独り跛の故を以て、父子相保てり。
故に福の禍と為り、禍の福と為るは、化極むべからず、深測るべからざるなり。

  

       [ 詳しい解説 ]

近塞上之人、有善術者。
塞上に近きの人に、術を善くする者有り。
・ 塞上 … 砦のほとり
・ 術 … 占い
とりでの近くに住んでいる人に、占術の上手な者がいた。

馬無故亡而入胡。人皆弔之。
馬故無くして亡げて胡に入る。人皆之を弔す。
・ 故 … 理由
・ 亡 … 逃げる
・ 而(置き字・順接) … そして
・ 胡 … 西方や北方の異民族の地
・ 弔 … 見舞って慰める
馬が理由もなく逃げて異民族の地に行ってしまった。人々は皆これを慰めた。

其父曰、「此何遽不為福乎。」
其の父曰はく、「此れ何遽ぞ福と為らざらんや。」と。
・ 父 … 老人
・ 何遽~乎 … どうして~か
  読み「なんゾ~や」(反語)
その老人は言った、「これがどうして福とならないだろうか。」と。

居数月、其馬将胡駿馬而帰。人皆賀之。
居ること数月、其の馬胡の駿馬を将ゐて帰る。人皆之を賀す。
・ 居~ … ~たって
・ 将 … 連れる
・ 駿馬 … 足の速い良馬
・ 而(置き字・順接) … そして
・ 賀 … お祝いを言う
数ヶ月たって、その馬が胡の優れた馬を連れて帰ってきた。人々は皆これにお祝いを言った。

其父曰、「此何遽不能為禍乎。」
其の父曰はく、「此れ何遽ぞ禍と為る能はざらんや。」と。
・ 不能~ … ~できない
・ 不能~(読み:~あたハず)
・ 禍 … わざわい
その老人は言った、「これがどうして禍いにならないでいられようか。」と。

家富良馬。其子好騎、堕而折其髀。人皆弔之。
家良馬に富む。其の子騎を好み、堕ちて其の髀を折る。人皆之を弔す。
・ 騎 … 乗馬
・ 堕 … 落ちる
・ 而(置き字・順接) … そして
・ 脾 … ももの骨
家は良馬であふれた。その息子は乗馬を好み、落馬してその大腿骨を折った。人々は皆これを慰めた。

其父曰、「此何遽不為福乎。」
其の父曰はく、「此れ何遽ぞ福と為らざらんや。」と。
その老人は言った、「これがどうして福とならないだろうか。」と。

居一年、胡人大入塞。
居ること一年、胡人大いに塞に入る。
一年たって、胡の人が大勢でとりでに攻めこんだ。

丁壮者引弦而戦、近塞之人、死者十九。
丁壮なる者弦を引きて戦ひ、塞に近きの人、死する者十に九なり。
・ 丁壮 … 働き盛りの男性
・ 引弦 … 弓を射る
・ 而(置き字・順接) … そして
成人の男性は弓を射て戦い、とりでの近くに住む者は、十人のうち九人が死んだ。

此独以跛之故、父子相保。
此れ独り跛の故を以て、父子相保てり。
・ ~独 … ~だけ(限定)
・ 以~(理由) … ~で
・ 跛 … 片足が不自由なこと
・ 相 … お互いに
・ 保 … そのままの状態を続ける
これだけは片足が不自由だったので、父子ともに無事だった。

故福之為禍、禍之為福、化不可極、深不可測也。
故に福の禍と為り、禍の福と為るは、化極むべからず、深測るべからざるなり。
・ 化 … 変化
・ 極 … 尽くす
・ 深 … 道理の奥深さ
それで福が禍いとなり、禍いが福となる、その変化は知り尽くすことができず、道理の奥深さは測り知ることができないのだ。

Takashiをフォローする
プロ家庭教師タカシ むかしの文学