四面楚歌 現代語訳

漢文

・ 「四面楚歌」とは「まわりが敵や反対者ばかりで、孤立して助けのない状態にあること」を意味します。

・ 「史記・項羽本紀」の次のような記述に由来しています。

項王の軍は垓下の城壁の中にたてこもった。
兵士は少なく食料も尽き果てた。
漢軍と諸侯の兵士が、幾重にもこれを取り囲んだ。
夜、漢軍が四方で皆楚の国の歌を歌うのを聞き、項王がたいそう驚いて言うには、「漢はすっかりもう楚を手に入れてしまったのか。なんと楚の人の多いことか。」と。
項王は、夜起きて陣営のとばりの中で酒を飲んだ。
美人がいた、名は虞という。いつも寵愛されてつき従っていた。
名馬がいた、名は騅という。いつもこれに乗っていた。
そこで項王がとても悲しげに歌い憤り嘆いて、自分で詩を作って歌うには、
  私の力は山をひき抜き、私の意気は天下を覆うほどだった。
  時の運は私に利がなく、騅も前進しない。
  騅が前進しないのをどうしたらよいのか。
  虞よ、虞よ、お前をどうしようか。
数回くり返して歌い、美人もこれに合わせて歌った。
項王はいく筋かの涙を流した。
ばに仕える者たちも皆泣いて、仰ぎ見ることのできるものはいなかった。

       [ 書き下し文 ]

項王の軍垓下に壁す。兵少なく食尽く。
漢軍及び諸侯の兵、之を囲むこと数重なり。
夜漢軍の四面皆楚歌するを聞き、
項王乃ち大いに驚きて曰はく、「漢皆已に楚を得たるか。是れ何ぞ楚人の多きや。」と。
項王則ち夜起きて帳中に飲む。
美人有り、名は虞。常に幸せられて従ふ。
駿馬あり、名は騅。常に之に騎す。
是に於いて項王乃ち悲歌忼慨し、自ら詩を為りて曰はく、
  力山を抜き気世を蓋ふ
  時利あらず騅逝かず
  騅の逝かざる奈何すべき
  虞や虞や若を奈何せん
歌ふこと数闋、美人之に和す。
項王泣数行下る。
左右皆泣き、能く仰ぎ視るもの莫し。

       [ 詳しい解説 ]

項王軍壁垓下。兵少食尽。
項王の軍垓下に壁す。兵少なく食尽く。
・ 壁 … 城壁の中にたてこもる
項王の軍は垓下の城壁の中にたてこもった。兵士は少なく食料も尽き果てた。

漢軍及諸侯兵、囲之数重。
漢軍及び諸侯の兵、之を囲むこと数重なり。
・ 数重 … いくつも重なっている
漢軍と諸侯の兵士が、幾重にもこれを取り囲んだ。

夜聞漢軍四面皆楚歌、
夜漢軍の四面皆楚歌するを聞き、
・ 四面 … 周囲
・ 楚歌 … 楚の地方の歌を歌う
夜、漢軍が四方で皆楚の国の歌を歌うのを聞き、

項王乃大驚曰、
項王乃ち大いに驚きて曰はく、
・ 乃(驚きの語気を表す)
項王がたいそう驚いて言うには、

「漢皆已得楚乎。
「漢皆已に楚を得たるか。
・ ~乎 … ~なのか
  読み「~か」(疑問・詠嘆)
「漢はすっかりもう楚を手に入れてしまったのか。

是何楚人之多也。」
是れ何ぞ楚人の多きや。」と。
・ 是~(~の部分を強める)
・ 何~也 … なんと~なことか
  読み「なんゾ~や」(詠嘆)
なんと楚の人の多いことか。」と。

項王則夜起飲帳中。
項王則ち夜起きて帳中に飲む。
・ 則(主語を明確にする)
・ 帳 … 垂れ下げられた布、とばり
項王は、夜起きて陣営のとばりの中で酒を飲んだ。

有美人、名虞。常幸従。
美人有り、名は虞。常に幸せられて従ふ。
・ 幸 … かわいがる
・ 幸 ⇒ 文脈上「幸せらる」と受身に読む
美人がいた、名は虞という。いつも寵愛されてつき従っていた。

駿馬、名騅。常騎之。
駿馬あり、名は騅。常に之に騎す。
・ 駿馬 … 足の速い優れた馬
名馬がいた、名は騅という。いつもこれに乗っていた。

於是項王乃悲歌忼慨、自為詩曰、
是に於いて項王乃ち悲歌忼慨し、自ら詩を為りて曰はく、
・ 於是 … そこで
・ 乃(驚きの語気を表す)
・ 悲歌 … 悲しそうに歌う
・ 忼慨 … いきどおり嘆く
・ 自 … 自分で
・ 為 … つくる
そこで項王がとても悲しげに歌い憤り嘆いて、自分で詩を作って歌うには、

力抜山兮気蓋世
力山を抜き気世を蓋ふ
・ 抜 … ひき抜く
・ 兮(置き字・語調を整える)
・ 気 … 精神の盛り上がり
・ 蓋 … 覆う
私の力は山をひき抜き、私の意気は天下を覆うほどだった。

時不利兮騅不逝
時利あらず騅逝かず
・ 時 … 時のめぐり合わせ
・ 利 … 都合が良いこと
・ 逝 … 前進する
時の運は私に利がなく、騅も前進しない。

騅不逝兮可奈何
騅の逝かざる奈何すべき
・ 可~ … ~するのがよい(適当)
  ⇒ 「~できる(可能)」とも解される
・ 奈何 … どのように(疑問)
  ⇒ 「反語」とも解される
騅が前進しないのをどうしたらよいのか。

虞兮虞兮奈若何
虞や虞や若を奈何せん
・ 奈~何 … ~をどうしようか(疑問)
  ⇒ 「反語」とも解される
・ 若 … お前
虞よ、虞よ、お前をどうしようか。

歌数闋、美人和之。
歌ふこと数闋、美人之に和す。
・ 闋 … 一曲の歌が終わること
・ 和 … 合わせる
数回くり返して歌い、美人もこれに合わせて歌った。

項王泣数行下。
項王泣数行下る。
項王はいく筋かの涙を流した。

左右皆泣、莫能仰視。
左右皆泣き、能く仰ぎ視るもの莫し。
・ 左右 … そばに仕える者
・  … ない
・ 能~ … ~できる(可能)
そばに仕える者たちも皆泣いて、仰ぎ見ることのできるものはいなかった。

Takashiをフォローする
プロ家庭教師タカシ むかしの文学