借虎威

「虎の威を借る」とは、「他人の権威をかさに着ていばること」を意味します。

「戦国策・楚策」の次のような逸話に由来しています。

虎はあらゆる獣をつかまえて食べる。狐をつかまえた。
狐が言った、「あなたは私を食べようとしてはいけません。
天の神は私をあらゆる獣の長にならせている。
もし、あなたが私を食べたら、天の神の命令に逆らうことになります。
あなたが私の言うことを信用できないと思うのなら、私はあなたのために先に立って歩きましょう。
あなたは私の後ろからついてきて観察してください。
あらゆる獣は私を見てどうして逃げ出さないことがありましょうか、いや、きっと逃げ出します。」と。
虎はもっともだと思った。そこでそのまま狐に同行した。
獣たちは虎を見てみな逃げた。
虎は獣たちが自分を恐れて逃げることに気づかなかった。
狐を恐れているのだと思った。

     [ 詳しい解説 ]

虎求百獣而食之。得狐。
虎百獣を求めて之を食らひ、狐を得たり。
とらひやくじゆうもとめてこれらひ、きつねたり
虎はあらゆる獣をつかまえて食べ、狐をつかまえた。
・ 而(置き字・順接) … そして

狐曰、「子無敢食我也。
狐曰はく、「子敢へて我を食らふこと無かれ。
きつねいはく、「しあへてわれらふことかれ
狐が言った、「あなたは私を食べようとしてはいけません。
・ 無敢~ … ~ようとしてはいけない
  読み「あヘテ~なカレ」(禁止)

天帝使我長百獣。
天帝我をして百獣に長たらしむ。
てんていわれをしてひやくじゆうちようたらしむ
天の神は私をあらゆる獣の長にならせている。
・ 天帝 … 天を支配する神
・ 使A~ … Aに~させる
  読み「Aヲシテ~しム」(使役)

今、子食我、是逆天帝命也。
今、子我を食らはば、是れ天帝の命に逆らふなり。
いま、しわれらはば、こてんていめいさからふなり
もし、あなたが私を食べたら、天の神の命令に逆らうことになります。
・ 今 … もし
・ 是~ … ~の部分を強める

子以我為不信、吾為子先行。
子我を以て信ならずと為さば、吾子の為に先行せん。
しわれもつしんならずとさば、われしためせんこうせん
あなたが私の言うことを信用できないと思うのなら、私はあなたのために先に立って歩きましょう。
・ 以A為~ … Aを~と思う

子随我後観。
子我が後に随ひて観よ。
しわあとしたがひて
あなたは私の後ろからついてきて観察してください。
・ 観 … 注意して見る

百獣之見我、而敢不走乎。」
百獣の我を見て、敢へて走らざらんや。」と。
ひやくじゆうわれへてはしらざらんや。」
あらゆる獣は私を見てどうして逃げ出さないことがありましょうか、いや、きっと逃げ出します。」と。
・ 而(置き字・順接) … そして
・ 敢不~乎 … どうして~ないことがあろうか、いや、必ず~する
  読み「あヘテ~ざランや」(反語)

虎以為然。故遂与之行。
虎以て然りと為す。故に遂に之と行く。
とらもつしかりと。ゆえついこれ
虎はもっともだと思った。そこでそのまま狐に同行した。
・ 然 … そのとおり
・ 遂 … そのまま
・ 与A … Aと一緒に
・ 之 ⇒ 「狐」を指す

獣見之皆走。
獣之を見て皆走る。
けものこれみなはし
獣たちは虎を見てみな逃げた。
・ 之 ⇒ 「虎」を指す
・ 走 … 逃げる

虎不知獣畏己而走也。
虎獣の己を畏れて走るを知らざるなり。
とらけものおのれおそれてはしるをらざるなり
虎は獣たちが自分を恐れて逃げることに気づかなかった。
・ 而(置き字・順接) … そして

以為畏狐也。
以て狐を畏ると為すなり。
もつきつねおそるとすなり
狐を恐れているのだと思った。
狐を恐れているのだと思った。

漢文
Takashiをフォローする
プロ家庭教師タカシ むかしの文学